Fashion

「ネックレスは重ね付けが旬!」スタイリスト・亘つぐみ、今月のお気に入り

一枚で3役! 実は万能なボディスーツ

「この夏、絶対におすすめしたいのが、わたしが手がけているTW(トゥ)のボディスーツです」 一枚で3役! 実は万能なボディスーツ――初心者さんに、着方を教えてください。 わたしはいつもスエットに合わせています 下にデニムをはいてもいいわたしはいつもスエットに合わせていますよ。下にデニムをはいてもいいし、最近流行の、透け感のあるシャツのインナーにも最適。海外ではボディスーツは一般的ですが、日本ではあまり見かけないですよね。  わたしはすごく好きで、海外のものをいろいろと買っていたんだけど、股下が長過ぎたり、アジア人は欧米の方に比べて小柄だから、特にヒップが緩かったり、サイズが合わなくて。だからアジア人のサイズに合うように、改良を重ねて作りました。パッドも入っているので、下着代わりにもなるんです。」

美尻、美脚に見えるこだわりのカッティング

美尻、美脚に見えるこだわりのカッティング――パンツもはかなくていいんですか? 「当て布がついているから、はかなくても大丈夫。もちろんはいて、その上から着ても問題ないです。ボディースーツのヒップ部分も、Tバックではなく、美尻に見える効果のカッティングを施していて、それに伴って美脚にも見えるよう考え抜いています。  ひとりでも多くのひとに、ボディスーツ独特の開放的な感じを知ってもらえたらうれしいですね。水着としても対応するので、このまま海やプールにも入れます。ボディスーツは洋服としても、インナーとしても、スイムウエアとしてもマルチに使える万能アイテムなんですよ」 ――ボディースーツには、ナイロンなどのイメージがあるのですが、TWの素材はなんですか? 抗菌、消臭の作用もあるし、速乾性もある「基本はコットンです。生地にもこだわっていて、抗菌、消臭の作用もあるし、速乾性もあります。谷間もぎりぎり見えるか見えないかくらい。なかなか手にする機会がないので想像しにくいと思いますが、一度着用してみると心地よさを実感すると思いますよ」  <取材・文/松本昇子>
亘つぐみ
東京生まれ。スタイリスト。「VOGUE」「ELLE」「HERS」etc…の雑誌、写真集、広告やCM、映画・ドラマ、ビジュアル制作・ディレクション、ファッションショー、ブランドプロデュースなど、その活動分野は多岐にわたる。著書『女らしさはけせない』では女性らしく輝き続ける方法を伝授。2021年春には自身がディレクションするボディウェアブランド「TW」がデビュー。Instagram:@tsugumiw、YouTube:Tsugumi W
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ