Entertainment

松たか子・吉田羊・江口のりこら40代が主役!新ドラマ注目4選

父娘の暮らしをのぞき見『生きるとか死ぬとか父親とか』

(画像:『生きるとか死ぬとか父親とか』テレビ東京公式サイトより)

(画像:『生きるとか死ぬとか父親とか』テレビ東京公式サイトより)

『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京系列/4月9日金曜深夜0時12分スタート)は、“独身のカリスマ”と呼ばれるジェーン・スーが家族との出来事や思い出を綴ったエッセイを映像化したドラマ。  吉田羊が演じるのは、母を亡くして國村隼演じる父が唯一の肉親となった40代半ばの勝ち気な娘。生涯未婚で生きる人が増えている昨今ですが、そうするとどういう風に暮らしていくことになるのか、強がってはいても不安を抱いている人は少なからずいるはず。  時々二人で外食をするという父親との親子関係も興味深いです。さらに、ジェーン・スー監修の「お悩み相談」コーナーは、“人生相談の名手”ならではの回答に期待。

坂元裕二ワールドを見たい『大豆田とわ子と三人の元夫』

 松たか子が40歳でバツ3の女社長を演じるのが、『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系列/4月13日火曜21時スタート)。元夫を演じるのは、松田龍平、角田晃広、岡田将生とそれぞれ個性的で魅力的な3人。  そして、脚本を書いたのが坂元裕二と来れば、もう2017年放送の『カルテット』(TBSテレビ系列)を思い出さざるをえません。きっと今回も主人公がバツ3という変わり種のように見えて実は共感する人が少なくなさそうな設定で、心に刺さるセリフが満載の人間ドラマを見せてくれるはず。個人的には今季一番の注目ドラマです。
次のページ 
松本まりか演じるアラフォー地味OL視点が気になる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ