Gourmet

ファミマのからあげは“バランスが絶妙”!コンビニ3社の味をマニアが比較

 からあげライターの松本壮平です。コンビニのホットスナックで人気のからあげですが、最近は各社とも力を入れており、クオリティも上昇中です。レジ横に陳列していることが多く、つい気になって買ってしまう人もいるのでは?  今回はファミリーマート、セブン-イレブン、ローソンのコンビニ大手3店のからあげを食べてレポートしてみます(価格はすべて税込です)。

あの超名店が監修! ファミリーマート「もり山監修 からあげ4個」

ファミリーマート「もり山監修 からあげ4個」①

ファミリーマート「もり山監修 からあげ4個」(220円)

 ファミリーマートのからあげは、なんと『もり山』が監修したという数量限定のものです。もり山といえば、これまで12回開催されている日本唐揚協会主催のからあげグランプリで最高金賞を10回受賞しているお店で、グランドチャンピオンにも輝いた実績のある超名店。そこが監修とは期待が高まりますね。 DSCF8610_famimakara 1個あたり30gほどのからあげが4個で220円。もり山のからあげは塩ダレに漬け込んだ、塩からあげです。このからあげもその風味にならっているのか、あっさりめの味付け。そして衣もかなり薄い! その食感を感じないほどの薄さで、一瞬のカリッとした歯ざわりを感じたかと思うと、それがすぐに肉に溶け込んでいきます。もり山は薄衣にするために、いろんな工夫をしているお店です。薄衣は余分な油が残らず、カリッと爽やかな食感を出すので、やわらかい肉の食感とのギャップも楽しめるとあって、最近の専門店などでは一般的になりつつある傾向です。

肉と衣もバランスが絶妙のからあげ

DSCF8643_famimakara さすがもり山監修だ! と思ってしまったのは、衣が肉と一緒になりながらも、その食感が飲み込む直前まで健在なこと。クッションのような歯ざわりの肉のところどころに、シャリッとしたアクセント的な存在感があります。からあげの醍醐味のひとつは、肉と衣の協演です。どちらかがでしゃばり過ぎるとバランスが崩れて、美味しさも半減します。その点をしっかり踏まえた仕上がりのからあげになっていますね。専門店の味を楽しみたい人にはオススメですよ。
次のページ 
1個がかなり大きい! セブン-イレブン「ななから」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ