Gourmet

レンチン調理でグッとおいしくなるコツ6つ。ラップのかけ方にも正解がある

コツ④ 余熱を利用する

atari_KAD_3573 かたまり肉やひき肉ダネなどは、8割ほど火がとおったら、あとは余熱でじんわり加熱するとジューシーな仕上がりに。煮物も余熱で蒸らすと、中まで味がしっかり入ります。

コツ⑤ レンチン後はよく混ぜる

atari_KAD_3710 レンチン調理は加熱後の仕上げが肝心。上下を返して熱の当たりを均一にしたり、よく混ぜてとろみがつくのを待つなど、仕上げを丁寧にすることで、おいしくでき上がります。

コツ⑥ ラップをかけるときはふんわりと

atari_KAD_3559 ラップは、使用するお皿やボウルの直径の1.5倍を目安に長めにカットし、左右をあけて中央を高くしてかけます。この状態で加熱すると少しずつ温度が上がっていくので、肉の縮みが防げたり、鍋やフライパンでつくったようなおいしさに!
次のページ 
レンチンだけでコクうま濃厚!「鶏のトマト煮」
1
2
3
Cxense Recommend widget
レンジでおいしい! 1人分の定番おかず

25年間レンチン調理の研究を重ねてきた筆者の、レンジの特性を生かした調理法と簡単レシピ。1人ごはんをササッとおいしく作れます。


あなたにおすすめ