Entertainment

菅田将暉『コントが始まる』が低視聴率なワケ。良作で“満足度”3位なのに

 菅田将暉さん主演のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、土曜夜10時~)。世帯平均視聴率が初回は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったものの、回を重ねるごとに数字を下げていき、第7話は6.8%(同)となってしまいました。
『コントが始まる』日本テレビ公式サイトより

(画像:『コントが始まる』日本テレビ公式サイトより)

 しかし、オリコンの「ドラマ満足度ランキング」(2021年5月11日~17日放送作品対象)では、『イチケイのカラス』や『リコカツ』などを抑えて3位にランクインするなど、良作という呼び声も高いこの作品。内容もキャストも高水準なのになぜ……と、業界内では疑問の声もあがっています。視聴者の声から推測される3つの理由とは?

①『はな恋』の余韻? 菅田×有村コンビへの過剰な期待感

『コントが始まる』は、芸歴10年のお笑いトリオ・マクベスの解散をめぐるメンバーやその周囲の人々を描いた青春群像劇です。トリオでリーダー的な存在・高岩春斗を演じる菅田将暉さんと、職場のファミレスでネタ作りをする彼らを見ているうちにガチファンになってしまったウエイトレス・中浜里穂子を演じる有村架純さんのふたりが中心となって物語が展開されています。  菅田さん×有村さんのコンビで思い出されるのが、今年初めに大ヒットした映画『花束みたいな恋をした』(通称『はな恋』)。この作品は公開されるや否や、共感性の高いストーリーや、リアリティのある世界観が話題になり、多くの話題を集めました。
映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

(画像:映画『花束みたいな恋をした』公式サイトより)

 等身大で理想的なカップルだった『はな恋』での菅田さんと有村さん。二人の空気感に魅了され、何度も映画館に足を運ぶファンも多かったといいます。今は、その盛り上がりの余韻がいまだ冷めやらない時期なのかもしれません。

うっかりラブラブを期待するとガッカリ

 しかし、恋人同士だった『はな恋』とは違って、ドラマの二人は、気になる存在でありながらも、芸人とそのファンという間柄。そんな一線が引かれた関係性に『はな恋』の交際当初の時期のようなラブラブを期待していた視聴者からは「少々ガッカリ」という意見もあったようです。もしかしたら、二人を相手役同士で再共演させるのは少々早すぎたのかもしれません。  それに加え、同じコンビということで、新鮮な期待感をもつことが難しく、視聴につながらなかったことも考えられます。
次のページ 
“コント番組”と勘違いされてしまった!?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ