Gourmet

からあげのプロが「進化を感じた」コンビニからあげ2種。コリポリ食感にハマる

デイリーヤマザキ「Dからあげ」(1個・66円)

DSCF9222_yamazaki 山崎製パンが運営しており、焼き立てのパンを購入できることでも知られるデイリーヤマザキは、日常の食卓を楽しくしてくれる商品も豊富です。こちらの「Dからあげ」(1個・66円)は、ごはんに合うとの評判をよく耳にします。モモ肉を醤油ベースの特製ダレに漬け込んで味付けしているとのことで、正統派からあげの予感がします。1個が約45gと、やや大きめのからあげなので、食べごたえもありそうですね。

特製ダレが決め手! 冷めても美味しい正統派の和風からあげ

DSCF9142_yamazaki このDからあげ、ひと噛みすると、フワリとした食感が歯に伝わってきます。モモ肉らしいやわらかさが感じられます。そして衣と肉の一体感がいい。開発段階では、衣の食感にこだわったのだそうです。サックリと、そしてかすかにモッチリとしたやさしい口あたりの衣が、やわらかい肉と、口の中ですぐに溶け合っていく印象です。そして何と言っても味付けがしっかりしているのがいい。ニンニク、ショウガも使用しており、まさに王道の和風からあげといったところで、後を引く味に仕上がっています。これなら冷めても美味しく食べることができるでしょうね。 DSCF9255_yamazaki このDからあげ、店内で揚げているのでタイミングがよければ揚げたてを購入できます。よしんば揚げたてを買えなくても、そこはからあげですから。フライドチキンや鶏天、チキンカツなどと違って、肉そのものに味付けをするのがからあげ。他の鶏肉の揚げ物とは異なり、冷めた状態でソースなどがなくても美味しく食べられるのが特長です。お弁当にも多用されるのもそのためでしょう。Dからあげも、ちょっと多めに買っておいて、翌日のお弁当に入れるというのもありでしょう。 =======  前回と今回で、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキと、大手コンビニチェーンのからあげを食べてみました。驚いたことは、いずれも数年前に比べて味が各段によくなっていることです。各社とも開発の段階で相当にこだわっており、店舗によっては専門店のレベルにかなり近づいているものもあります。  からあげブームもあり、各店が競って名店監修のからあげやご当地からあげを期間限定で投入していることも、底上げにつながっているのかもしれません。今後もコンビニからあげの進化からは目が離せませんね。 【前回記事】⇒ファミマのからあげは“バランスが絶妙”!コンビニ3社の味をマニアが比較 <取材・写真&文/からあげライター 松本壮平>
松本壮平
ライター&編集者。日本唐揚協会認定カラアゲニスト。「からあげの聖地」である大分県中津市出身。年間の唐揚げ喫食量は300食を超える。専門店だけでなく、居酒屋、食堂、スーパーなどで唐揚げを見つけては食べてみる「から活(からあげ探索活動)」を継続中。Twitter:@dogesho
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ