Love

なぜ?美人なのに結婚できない人の“孤独スパイラル”

仕事に結婚に悩めるアラサー。そこで今回、小さい頃からビジュアルにコンプレックスを抱いていたという“103Kgの恋愛カウンセラー” 羽林由鶴先生に恋愛相談を決行! 「恋がうまくいかないアラサー独女の特徴」を聞いてみました。

美人なのに「恋愛経験ゼロ」な人は意外と多い



――元々キレイな女性なら、男性から近寄ってきそうですよね。

なぜ?美人なのに結婚できない人の”孤独スパイラル”羽林:それがそうでもないんです。キレイで男性から人気があるのに恋愛経験ゼロという人が意外に多い。これまでちやほやされてきたから、その気になればいつでも結婚できると思っていたわけです。

 ところか、ある程度の年齢になったとき、周りに誰もいないことに気付く。そして、『このままじゃ結婚できない!』と焦り出すんです。今まで自分から行動する必要がなかったので経験値がないんです。友達に相談しても、『理想が高いんじゃない?』なんて言われちゃったりして、本気で悩んでいることを理解してもらえない。

 だんだん身近で相談することもできなくなって、孤独を感じている人さえいるくらい。

――そうなんですねぇ。そんな人はどうすれば?

羽林:まずは、自分はどんな人が好きとか、どんな人と結婚したいとか、ウキウキした気持ちで恋愛を考えてみるところからはじめましょう。『今のままじゃやばい!』という発想はストレスになります。美人でも顔が沈んで怖いイメージになるので要注意。頑張ったり無理したりせず、単純に楽しい恋愛を想像してみてください。自分の未来が不安でいっぱいではなく、ちょっぴり楽しみになってきたらチャンスです。行動しやすくなりますよ。

焦って男性に出会っても……



――でも、アラサーという年齢からするとそんな悠長に構えていられない気が……

羽林由鶴さん

痩せなくてもモテたという幸せそうな羽林さん

羽林:思い出してください。長く付き合っている女友達とはどうやって仲良くなりましたか? 何かを一緒にやらなければならなかったとか、たまたま隣の席だったとか、たいてい偶発的なものですよね。彼氏ができるのも一緒。

 恋愛になった途端、みんな急ぎはじめて、好きになったりなられたりしようとする。少しずつ、いいところと悪いところを知って一緒にいたいと思う。相手にもそう思ってもらう時間が必要なんです。

――子どもを産むことを考えると、やっぱり焦ってしまいます。

羽林:焦るのは自分の問題。今焦ることは近道にはなりません。マラソンの42.195kmを、100m走のようにダッシュで走ろうとするようなもの。走り切れるわけありませんよね。恋愛にも時間が必要です。それを理解してほしい。

――う~ん、わかります。わかるのですが……(ブツブツ)

羽林:では、確かめてみるといいと思いますよ。まずは100mのダッシュを5本くらい試してみましょう。このままのペースではマラソンのゴールにたどり着けないことがわかるはずです。他人の言うことを鵜呑みにすることはおすすめしません。自分のやり方を信じることは大事です。でもダメだと気が付いたとき、やり方を変えてみる勇気も時には必要ですよ。

――……私はまだまだ時間がかかりそうですね(笑)。

羽林:焦って出会って、仮に結婚して子どもが産まれたとしても、それが幸せとは限らない。焦ったために失敗している人は多いんです。たくさんの男性と出会って、いろんな人を見てほしい。安心できる、一緒にいて心地いいと思えるパートナーを見つけてほしいと思います。

<羽林先生からのアドバイス>
・彼氏を作ろうと無理をすると魅力は半減。自分の得意分野で自然体を心がけて。
・本当のパートナーを見つけるためには、時間が必要。焦りは禁物。

【羽林由鶴(はねばやしゆず)】
103kgの恋愛カウンセラー。体型コンプレックス、DV、離婚、シングルマザーなど、自身の人生経験を踏まえた心理カウンセリングを行っている。著書『人見知り女子の恋愛法則-「また会いたい」と言われる人になる!』(角川書店)が絶賛発売中。

<TEXT/佐藤来未(Office Ti+) PHOTO/Branislav Ostojic>

人見知り女子の恋愛法則「また会いたい」と言われる人になる!

人見知り、二度見知り(会うのが二度目以降でも緊張する)、話ベタ…どうしてうまく話せないんだろうと悩んでいませんか? 誰でも、自分らしくありのままで恋愛がはじまる方法を紹介いたします。




あなたにおすすめ