Entertainment

二階堂ふみら主演、7月スタートのラブコメ3選。“ゲーム”がキーワード?!

まるでイケメン育成ゲーム『推しの王子様』

(画像:『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより)

(画像:『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより)

 今年1月から3月に放送され、人気を博した『知ってるワイフ』(フジテレビ系列)のスタッフが再集結した『推しの王子様』(フジテレビ系列/7月15日木曜22時スタート)。  “逆マイ・フェア・レディ”を標榜(ひょうぼう)するこちらは、ヒロインが乙女ゲームの“推し”にそっくりの男性と出会い、理想の王子様に育てるべく奮闘するそう。言葉遣いはもちろん、生きがいや恋の仕方まで教えていくという、育成ゲームを現実のものにした物語です。  本作は主人公を演じるはずだった深田恭子が病気療養のために降板したことも話題に。急きょ代役を務めることになった比嘉愛未ですが、その凛とした美しさは主人公の女社長の役柄にぴったり。  また、彼女に育てられる相手役には、前クールで『恋はDeepに』(日本テレビ系列)に出演したばかりで今波に乗る渡邊圭祐が抜擢。彼の演じる残念王子が『マイ・フェア・レディ』の花売り娘・イライザのように、どんどん魅力的なキャラクターに変化していくのが楽しみ。

あの番組がサスペンスに『女の戦争~バチェラー殺人事件~』

(画像:『女の戦争~バチェラー殺人事件~』テレビ東京公式サイトより)

(画像:『女の戦争~バチェラー殺人事件~』テレビ東京公式サイトより)

 人気恋愛リアリティー番組に発想を得たという『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系列/土曜23時25分)。主人公のハイスペックな“バチェラー”(独身男性)を演じるのは、ミュージカル界で活躍し、今回ドラマ初主演の古川雄大。  まさに王子様の風格を漂(ただよ)わせる彼をめぐってバトルを繰り広げる女性を演じるのが、葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖の7人。  面白いのが、彼女たちの名前がそのまま役名に使われていることです。虚実入り交じる内容にドラマながらリアリティーを感じそう。  サスペンスを称するだけに、7月3日に放送された初回ではいきなりバチェラーが殺されてしまいました。7人の女性の中に犯人がいるとのことで、それぞれ秘密を抱えているらしい彼女たちの濃いキャラクターに注目したいところ。  バトルの開始早々、薪割り合戦が始まったあたりがシュール。ドロドロしつつ笑えるオモシロな展開を期待しています。 <文/林らいみ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
林らいみ
フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま~に歴史系記事を書く。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ