Beauty

足痩せに効くのは水と●●!美容のプロが教える2つのアプローチ

 足の太さに悩んでいる皆様、こんにちは。恋愛作家のにらさわあきこです。足が太いと今からのシーズン、着られる服がありませんよね……。

Bom Bonita 公式HP

Bom Bonita 公式HP

 ということで、必死になって対策について調査したところ、足痩せでめちゃくちゃ評判のいいサロンを発見したので、お伺いしてきました。

 お邪魔したのは恵比寿と代官山のほぼ中間地点にあるカイロ痩身サロン Bom Bonita(ボンボニータ)。オーナーの小林明日香さんは、自らが太ってきたことに悩み、経営していた音楽スタジオを人に任せてカイロサロンに施術を学びに出た探求人。

 施術を勉強した後、更にオイルマッサージやヒーリングなどを学んで施術の幅を広げ、自分のサロンをオープンしたのだとか。そんな小林さんに足痩せの秘訣を聞きました。

太くなるのは ゆがみが原因



――小林さん、足を細くする秘訣はあるのでしょうか?

「大きく言うと、外側からのアプローチと内側からのアプローチの2つを意識することでしょうか。まず外側からのアプローチというのは、私がサロンでおこなっているような骨格や筋肉、皮下脂肪へ働きかけるアプローチで、内側からのものは水分をどんどん飲んで体の老廃物を外に出したり、代謝をあげるということです」

――ではまず、外側からのアプローチについて教えてください。

Bom Bonita(ボンボニータ)オーナーの小林さん

Bom Bonita(ボンボニータ)オーナーの小林さん

「そもそも足が太くなるのは、骨格がゆがんでいる可能性が高いんですね。なので大元の骨盤を矯正してあげるのが必須です。そのうえで、インナーマッスルを鍛え、バランスが崩れた筋肉のつき方を調整していらない脂肪を排出しやすくする。部分を見るのではなくて、全体を見ることが大切なんです」

 小林さんによれば、骨盤調整や、筋肉・リンパにアプローチする手技、皮下脂肪への働きかけなどはそれぞれに効果が期待できるものの、全部を組み合わせておこなうことが何よりも大事とか。

――具体的には、どうすれば?

「まずは骨盤をずれにくくする生活習慣を心がけることが大切です。ちょっとした日頃の癖を見直す…

 たとえば『いつも同じ方の手で荷物を持つ』『足を組む』『かかとが不均等にすり減った靴を履いている』『サイズの合っていない下着を長期間つける』『運動不足』などについて改めたり、メディアで紹介されているような簡単なストレッチなどをするのもオススメです。

 ただし、間違った方法でおこなうと身体に負担になる恐れがあるので、一度はプロの技術を体験してアドバイスを受けるといいと思いますよ」

むくみやすい人こそ 水を飲もう



――続いて、内側からのアプローチ。なぜ水を飲んで体の老廃物を流し出すことが大事なのですか?

「足が太くなる原因の一つにむくみがあるのですが、むくみやすい人ほどしっかり水を飲む必要があるんです」

――え? むくんでいる人は、体に水分を溜め込んでいるのではないのですか?

施術の様子「一概には言えませんが、水分が不足しているからむくむんです。

水分が不足すると、血液やリンパが流れにくくなったり、水分を身体に溜め込みやすくなり、むくみ始めてしまうんですが、放っておくと代謝が悪くなり冷えや便秘の原因にもなります。

また、脂肪細胞のまわりに老廃物や余分な水分がついて太くなる……。だから、水をどんどん飲んで排出して余計な老廃物を体に溜めないようにするのが大事です」

――1日にどれくらいの水を飲めばいいですか?

「オススメは1日に3リットルですが、2リットルでもかまいません。常温以上がベターですが、身体が熱いときには冷たいものでもいいでしょう。難しくすると、量をとるのが嫌になってきますから、はじめはこだわり過ぎないで量をきちんと飲むことを意識してください。ただし、カフェインや糖分が入っているものは避けたほうがいいでしょう」

――飲むタイミングについてはどうですか?

「寝ているときってコップ1杯分の汗を出しているので血液がドロドロになりやすいんですね。だから朝と寝る前は必ずコップ1杯。あとは、食事の前や入浴、運動などで汗をかく前と後。それ以外ではのどが渇く前にチョコチョコとこまめに補給するといいでしょう」

 小林さん、ありがとうございました。

 運動は苦手ですが水を飲むことなら頑張れそうなので、まずは内側のアプローチから始めてみたいと思います。ってそれじゃあ、不足なのかしら?

<TEXT/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

●Bom Bonita(ボンボニータ)HP⇒http://bombonita.com/

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動をおこなう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://plaza.rakuten.co.jp/nirasawaakiko/diary/




あなたにおすすめ