Gourmet

ダイソー「ホットサンドメーカー」がたった1000円!おいしく作れるか試してみた

具材はたっぷり載せるのがおすすめ

ホットサンドメーカー 完成。サクサクなパンの中でチーズがとろけ、子ども達からも大好評でした。 ホットサンドメーカー お次は大人用も作ってみます。耳を切らず、具材として味付けをしたスクランブルエッグ・ハム・トマト・チーズをサンド。  こちらの出来上がりもきれいな焼き色! 食欲をそそられます。 ホットサンドメーカー ボリューミィで文句なしのおいしさ。ハム&チーズだけでは見た目的に寂しかったので、蓋が閉まらないかも…というくらい具材を載せるのがおすすめです。

色々とアレンジして楽しめるのも魅力

 ホットサンドメーカーはパン以外のメニューでも大活躍してくれる魅惑のアイテム。肉巻きや焼きおにぎり、さらには焼きバナナやパイシートを使ったスイーツまで作ることができ、アイデア次第で作れる料理は無限大。2つのフライパンで具材を挟み込むためひっくり返すのがラクだというメリットもあり、お好み焼きやホットケーキなども簡単きれいに仕上がります。  重さのあるフライパンや鍋類は洗うのが大変で次第に出番がなくなってしまいがち。同じシングルタイプでも重さが500g以上するものが多いホットサンドメーカーですが、ダイソーのものは約460g。ひっくり返す時や洗う時にもそこまで重さを感じることがないので、使いたい時に気軽に使うことができます。  ホットサンドメーカーは、マンネリ化しがちな料理のレパートリーに新しい風を吹き込んでくれそう。1000円なら“買い”ではないでしょうか。すでに話題になっていて品薄状態の店舗もあるようなので、気になる方はお早めに! 【他の記事を読む】⇒シリーズ「美容のツボ&家事のコツ」の一覧はこちらへどうぞ <写真・文/鈴木美奈子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木美奈子
雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ