Lifestyle

作業中も使える「ながらホットアイマスク」が便利。目の周りがホカホカに

 ショボショボ、どんより、もう限界……な、酷使された目。ホカホカと温かいアイマスクをのせて、休めてあげたーい! ですが、やっとのことでやるべき仕事を片付けたのです。今度は、スマートフォンを片手にLINEやSNSをチェックしたいし、趣味の読書もしたい。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
作業をしながら使えるホットアイマスク

作業をしながら使えるホットアイマスク

 けれど、目を閉じて、さらにはその上をアイマスクで覆った状態では、当たり前ですが何も見えません。ちょっとした作業をしながら使えるアイマスクって、ないのでしょうか? ……はい、ありました!  しかもこれ、見た目がメチャクチャかわいい。

目元OPEN、作業も続けられる「ながら温アイマスク」

 夕方の疲れ目には、目のまわりを温めてくれるアイマスクが大活躍。ホカホカほっこり、目元の血流が促されてじんわりと癒されるのだけれど……、そこはアイマスクですから。使用中は目を閉じた状態でかつ、目元が覆われて過ごすことになるわけです。目を休めるために使うのだから当然のことなのかもしれませんが、ワガママを言えば、「アイマスク使用中にスマホを見たり、本を読んだりしたいなあ」なんて。
「ながら温アイマスクアソートD6個セット(きつね・うさぎ・くま各2枚)」(748円/税込)

「ながら温アイマスクアソートD6個セット」(748円/税込)

 そこで見つけたのが、「ながら温アイマスクアソートD6個セット(きつね・うさぎ・くま各2枚)」(748円/税込)。  ※サイズ:160×125×50mm 重さ:130g ラベンダーの香り付き/ほんやら堂
きつね・うさぎ・くま各2枚入り

きつね・うさぎ・くま各2枚入り

 約40度の快適な温度が15分ほど続き、目元をじんわりと温めてくれるアイマスクです。……と、ここまではよくあるアイマスクとほぼ同じ。
目の部分が開いた仕様

目の部分が開いた仕様

「ながら温アイマスク」は、目の部分が開いた仕様になっていて、作業をしながらアイケアが出来る商品なのです。 作業をしながらアイケアが出来る こういうアイマスク、待っていました! でも、本当に“ながら”で使えるのでしょうか? 見えにくさは?

動物モチーフのかわいいアイマスク、つけてみたら…

それでは早速、「ながら温アイマスク」を使ってみたいと思います。 使い方は……。 ①袋からアイマスクを取り出す ②ミシン目を切り取り、耳にかける ③白い無地の面を目元に当てる 以上。  きつね、うさぎ、くま……、どれにしよう。うさぎなら、間違いなくかわいい動物顔になれますよね? 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
うさぎをつけてみることに

うさぎをつけてみることに

 と、思ったのですが……。つけてみると、あら不思議。 うさぎをつけてみることに2  目、ちっさ! 原理は違いますが、レンズが厚いメガネをかけたときの自分の顔を思い出しました。というのもこちら、目元のOPENになっている部分は縦2cm×横3cm(個人で測った結果)。物を見るのには問題のない広さなのですが、人によっては目の一部分が隠れてしまうため、そう見えるのかもしれません(もちろん、iPhoneのFace IDは認識されませんでした)。
想像していたかわいさとはちょっと違ったかも

想像していたかわいさとはちょっと違ったかも

 それと、マスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステンションをつけていると、アイマスクにファサファサッとあたるかと。しかしこれは、通常のアイマスクでも同じことでしょう。
次のページ 
両まぶたとも適度にホカホカする
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ