Lifestyle

「飲み会がない期間は幸せだった」嫌いな“職場飲み”の復活にウンザリ

キチンと気をつけている者同士なら

それから3人でもう一杯ずつビールを頼み、M子さんの子供の話や、F香さんの趣味がサバゲーなことなど、お互いのプライベートな話題で親睦を深めました。 「さすがM子さんの行きつけのお店だけあって、酔ってギャーギャー騒ぐ客とかも一切いなくて、本当に誘ってもらえて嬉しかったなと思いました」 それから、たまに3人でこのバーに遊びに行くようになったそう。 「M子さんとF香さんのおかげで、キチンと気をつけている者同士なら、出かけるのも悪くないなと思えるようになりました。仕事の愚痴を言い合ったりして息抜きできて助かっています」 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter:@skippop
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ