Beauty
Lifestyle

白髪を楽しむ「グレイヘア」って実際どう?素敵だけど意外と“大変な点”も

 毛髪診断士の元井里奈です。  白髪に関する悩みはいつの時代からあったのでしょうか。染めても染めても生えてくる白髪。なのに、過度に染めるのはダメージになるからやめた方がいいと言う。ではどうすればよいのか。考え疲れた現代人に新たな風を吹き込んだのが、「グレイヘア」というスタイルです。

素敵なグレイヘアは“ありのまま”?

白髪・女性・グレイヘア

写真はイメージです(以下同じ)

 グレイヘアとは、白髪を染めず、そのまま白髪と黒髪が混ざった状態で過ごす、ということです。著名人が素敵に実践されているのを見て、近年チャレンジする方が増えてきたようです。  白髪交じりの頭でも素敵に過ごしている姿は、まるで希望の光のようです。白髪を染めないで、ありのままの自分を受け入れる、というマインドも現代人に受け入れられやすいのでしょう。しかも、染めないということは、白髪染めのお金がかからなくなる!? と思ったら、足取りも軽くなりますね。  しかしこのグレイヘア、素敵にキメるのは、簡単に見えて実は結構難しいようです。

「あえて染めていない感じ」が意外と難しい

 白髪の量がある程度あって、これまで白髪染めを続けていた方が急に染めるのをやめると、白髪と黒髪の境目がはっきりしたまま、「白プリン」のような状態で伸びてきてしまいます。これでは、素敵なグレイヘアとは違いますよね。  かといって、白髪が少ない状態だと、今度は「あえて染めていない」感じが出ず、白髪は隠すということがまだまだ主流な世間では、やはりお手入れが行き届いていない印象になってしまったり……。また、白髪はうねりやすいので、そのままにしておくと、まとまりがない印象にもなります。
次のページ 
グレイヘアへの移行には、美容師さんの手も必要
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ