Beauty

ボロボロの髪を抜け出した私が、大人女性にどうしても伝えたいこと

 髪は、第一印象の約8割を決めると言われています。だから、髪がキマると、見た目もキマります。
元井里奈(もといりな)

毛髪診断士・元井里奈(もといりな)

 何歳になっても、鏡の前で笑顔になれること。それは、誰もが願ってやまないことだと思いますが、そのためには、「髪」です。シミやシワの有無、メイクのうまい下手よりも、圧倒的に「髪」の影響は強い。私はそう確信しています。

毛髪診断士で髪オタクの元井里奈です

 申し遅れました。女子SPA!の記事をお読みの皆様、はじめまして。毛髪診断士の元井里奈(もとい・りな)といいます。  毛髪診断士??? 聞きなれない資格だと思いますが、つまりは「髪オタク」であります。毛髪そのものや、頭皮をマイクロスコープ等で観察し、日常のケア方法などをアドバイスする仕事です。
元井里奈

日頃こんな感じで、髪についてのカウンセリングをしています。

 私の場合、女性の薄毛や抜け毛に関するお悩み相談が多いため、髪そのものの知識だけでは事足りないと、サプリメントアドバイザーや、メノポーズカウンセラー(更年期カウンセラー)といった勉強も続け、オトナ女性の髪の悩みを、体の外側&内側から総合的にカウンセリングしています。  また、傍らでは、サプリメントの研究開発メーカーでも仕事をしており、専門知識を活かしてヘアケアサプリメントの開発を行っています。  プライベートでも、とにかく、「髪の毛」にこだわりがありまして。朝起きてから、夜寝るまで(いえ、寝ている間も、かもしれません)、24時間髪の毛のことを考えているといっても過言ではありません。

癖毛・剛毛・多毛、かつてはボロボロの「汚髪」に悩んだ

 そんな私ですが、数年前までは髪のことでとても悩んでいました。それは長い歴史で、おしゃれが気になり始めた思春期から、30歳過ぎまで、ずっとです。  わたしの髪質は、もともと、癖毛、剛毛、多毛、という三重苦。とにかく格好がつかないのです。安室奈美恵さんが人気絶頂だったころ、そのサラサラのロングヘアには到底手が届かない、自分の髪質を恨みました。
元井里奈

若かりし頃の私。度重なるスタイルチェンジで髪がボロボロでした。

 校則を犯してまで、ストレートパーマ、ウェーブパーマ、カラーリングをしてみたり、それに失敗してショートカットにするも、ただのマッシュルームヘアとなり、なけなしのお小遣いで購入した高い育毛剤を使うも、髪はなかなか伸びず。  ようやく伸ばしても、度重なるスタイルチェンジで、髪はボロボロ。髪が肌に触れるとチクチクして痛い! かゆい! そんな「汚髪」でした。
次のページ 
オトナ女性に、シャンプーの選び方が重要な理由
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ