Entertainment

岸井ゆきのが「うそでしょ!?」と驚いた監督からの指示って

 2009年にドラマデビューを飾り、『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』、連続テレビ小説『まんぷく』、『恋せぬふたり』、映画『愛がなんだ』など、さまざまな作品で印象を残してきた岸井ゆきのさん。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
岸井ゆきのがメッセージ「何かをきっかけに、はぐれてしまった人たちへ」

岸井ゆきのさん

 各種配信サイトにて配信がスタートした映画『神は見返りを求める』では、どん底からのし上がっていくYouTuberのゆりちゃんを演じています。見返りを求めない男・田母神(ムロツヨシ)と彼に支えられた女・ゆりが、見返りを求める男と恩を仇で返す女へと変貌していく本作。「誰かとはぐれてしまった人に観て欲しい」と話す岸井さんに話を聞きました。

ポップなポスターからは想像もしない展開に

――最初、一切情報を入れずに、ポスターの印象だけで観たので衝撃でした。 ポップなポスターからは想像もしない展開に岸井ゆきのさん(以下、岸井)「ですよね。ポップでキャッチ―なポスターから、まさかああなっていくなんて(笑)」 ――ゆりちゃんの印象は笑顔いっぱいで可愛らしい前半と、田母神といがみ合っていく後半で変わっていきます。演じるのに難しい部分はありましたか? 岸井「この現場って、毎日ず~っと笑っていていい現場だったんです。」

気の置けない吉田組だからこその空気感がプラスに

――前半は分かりますが、後半シーンの撮影も含めてですか?
気の置けない吉田組だからこその空気感がプラスに

『神は見返りを求める』より(以下同じ)

岸井「どのシーンもそうでした。私は『銀の匙』(2014)でも吉田恵輔監督(『ヒメアノ~ル』『空白』)とお仕事しているのですが、そのときのスタッフと変わっていなくて、同じ空気感。本当に楽しい現場でリラックスできました。その分というか、後半の撮影では『え、なに、私(ゆり)が悪いみたいじゃん!』と感じることが多くて。現場全体から、『田母神がかわいそう……』みたいな空気が伝わってくるんですよ」(※吉田監督の「よし」は土に口です) ――あはは。 岸井「でもゆりとしては、人気YouTuberとボディペインティングをやって注目を集めたあとに、田母神が喜んでくれなかったことが大きくて。『ああいうところが、あいつの悪いところ!』と思っているのに、みんなの空気が『こんな目にあわされる田母神って、かわいそう』みたいになってて。『え、私だけが悪いわけ?』と。その空気を全力で吸って、そのまま気持ちを生かしていました」
次のページ 
「うそでしょ!?」と驚いた監督からの指示
1
2
3
Cxense Recommend widget
『神は見返りを求める』は8月25日(木)よりHulu、U-NEXT、Amazonほか各種配信サイトにて配信開始


あなたにおすすめ