Lifestyle

新幹線30%引、JR乗り放題…「全国旅行支援」のセット割より安い?おトクな“移動手段”大集合

 10月11日から始まった全国旅行支援。宿泊料金が1人1日40%割引き(上限5000円)で、往復の交通付きプランなら最大8000円割引。しかし、予約が殺到した結果、多くの自治体では予算枠の上限に達し、申し込みを終了しています(※追加予算で再開、および再開を検討中の自治体もあります)。
全国旅行支援「ただいま東京プラス」

画像:東京都の全国旅行支援「ただいま東京プラス」公式サイトより

 すでに予約済みの方でも申し込んだのは宿泊のみ、もしくはまだ予約していない方も多いと思います。実は、交通付きプランにしなくても鉄道や飛行機、バスにはお得なきっぷが多数存在。使い方次第ではこちらのほうが交通付きプランよりも安くなります。そこで今回は国内旅行の交通費が安くなるお得情報の数々をまとめて紹介します。 【関連記事】⇒知ってた?「全国旅行支援」をもっとお得にする裏ワザ!6つのコツで“最安の旅”を狙おう

新幹線も特急もネット事前予約で安くなる

 首都圏から東北・北海道・信越・北陸方面に行く場合、JR東日本とJR北海道の予約サイト・アプリの『えきねっと』で販売する『えきねっとトクだ値』がお得。乗車13日前までの申し込みなら東北・北海道新幹線のはやぶさ号・はやて号は25%割引、それ以外なら30%割引になります。
東北新幹線 E5系はやぶさ

東北・北海道新幹線は『えきねっとトクだ値』がお得

 在来線の特急も基本的に同じですが『草津』(上野~長野原草津口)は13日前までの購入で40%オフ。ほかにも都心と房総半島を結ぶ『わかしお』(東京~安房鴨川)、『さざなみ』(東京~君津)、『新宿さざなみ』(新宿~館山)、『しおさい』(東京~銚子)は出発間際でも35%割引、伊豆方面に便利な『踊り子』(東京~伊豆急下田)は出発当日の午前1時50分までなら30%オフと衝動的に旅行したくなった時でも安心です。
特急踊り子号

特急踊り子号

 また、東海道・山陽新幹線ならJR東海の予約サイト・アプリ『スマートEX』から購入できる『EX早得21ワイド』があります。乗車1か月前~21日前と早めの購入が必要ですが、のぞみ号の東京・品川~名古屋は13%、新大阪は16%とそれぞれ割引になります。
新幹線こだま号のグリーン車

新幹線こだま号のグリーン車

 そして、目的地まで多少時間がかかってもいい席に座りたい方には、こだま号のグリーン車に激安料金で乗車できる『EXこだまグリーン早得』。これも乗車21日前までの購入が条件となりますが、東京・品川~名古屋は9170円、新大阪は1万1410円。のぞみ号の指定席料金よりも2000~3000円弱安く、駅弁と飲み物を購入してもおつりが来ます。

鉄道なら北海道! 安い乗り放題きっぷが充実

 数ある鉄道周遊券で“コスパ最強”と評判なのは、北海道内の特急・普通列車が6日間乗り放題(※北海道新幹線は除く)の『HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス』。期間中4回までは指定席に座ることもでき、料金はたったの1万2000円。ところが、人気がありすぎて予算枠分を売り切ってしまい、10月21日で販売を終了してしまいました。  それでも今年だけで1月、3~6月、9~10月と発売されており、再販売の可能性は大。札幌と函館を往復するだけで元が取れますし、道内をあちこち回りたい方にはこれ以上お得なきっぷはありません。そのため、次の発売に合わせて旅行をするのもアリです。
HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス

 ただし、既存の周遊きっぷにも『ANAきた北海道フリーパス』(4日間・1万3150円)や『AIRDOひがし北海道フリーパス』(5日間・1万6380円)、『Peachひがし北海道フリーパス』(5日間・1万6380円)など代用可能なものが多数あります。いずれも札幌や新千歳空港、小樽、札幌、旭川、富良野などのエリアは乗り放題で、これに道北、または道東がフリー区間になっており、特急の乗車はもちろんOK。購入時に指定航空会社の搭乗券の提示が必要ですが、HOKKAIDO LOVE!に次いでコスパ面では優れています。
次のページ 
そこまで鉄道を使わない人は?
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ