Lifestyle

「決めるだけ」で夢の実現に近づく、自己肯定感も上がる深い理由

お金も愛情も欲しいっ!という女性のために、成功法則をアドバイスしているライフコンサルタントの奥井まゆさん。著書『決めるだけ。「お金」も「恋」も勝手にうまくいく、人生を変えるレッスン』には、彼氏にフラれた借金持ちOLから、起業の成功と幸せな結婚を実現させた自身のノウハウが伝授されています。 その奥井さんのコラムは、12回目となる今回が最終。今回のテーマは、幸せになるために一番大切な、「自分で決める」ことについてです。(以下、奥井さんの寄稿)

あなたは「自分で決めた」という実感がありますか?

こんにちは。奥井まゆです。 最後なので、著書『決めるだけ。』の核心について書きます。なぜ、「決めるだけ」で人生が良い方向に回り始めるのか?
女性 決意

画像はイメージです(以下同)

今年4月から、私は早稲田大学人間科学部で情報リテラシー教育について学んでいます。そのきっかけは、「なぜ、人間はなかなか決断ができないのか?」という問いでした。 そして学術的に学び直そうと決めたのは、『授業が変わる:認知心理学と教育実践が手を結ぶとき』(ジョン・T. ブルーアー著)という本を読んだからこそです。 私は現在30代後半ですが、私たちが受けた教育だけでは、今の情報過多社会で自分の思考力や能力を使って幸福に生きる方法がわからなくなっているように感じます。

周りの目や情報に振り回される現代

先日、タレントの矢口真里さんをゲストに招いて、「ライフスタイル相談室」というトークショーを行いました。矢口さんからのご相談の一つは、「自分のSNSに対して、周りの同じ立場の女性(お母さんたち)からどう反応されるかが怖い」という悩みでした。 SNSは多くの情報をもたらしてくれる便利な道具ですが、マイナス作用として「その情報で自分自身を否定する」ような心境になってしまう人たちもいます。これこそ、情報の扱い方に戸惑ってしまう現代の女性たちの悩みを象徴しているように感じたのです。 そこで私は、SNSなら、「本当はどんな人に見てもらいたいのか?」という視点を予め持ってはどうかとアドバイスさせて頂きました。情報(読者の反応)に振り回されるより、「主体的にその情報を使うには」という視点で、SNSの扱い方を決めたらどうか――とお話しさせてもらいました。 というのも、私たちの悩みの多くが、「主体性」をなくしてしまったことに起因すると思うからです。極端に言えば、目の前の情報に思考が「支配されている」状態なわけです。その状態を打開するには、「主体性」を思い出す必要があるのです。
次のページ 
自分で決めるとなぜ自己肯定感が上がるの?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ