Lifestyle

こんなに簡単に!?行楽シーズンの食卓で、頭1つぬけちゃう100均アイテムを発見

ベジカップスプーン今回レポートするのは、100円ショップ・ダイソーで購入した「ベジカップスプーン」。 野菜の実の部分をくり抜いて、皮を器にする“ベジココット”料理を簡単に作ることができるキッチングッズをお試ししていきたいと思います!

オシャレな映え料理作りの味方「ベジカップスプーン」

ダイソーのキッチン用品売り場で見つけた「ベジカップスプーン」。

「ベジカップスプーン」110円/税込

商品サイズ:2.5cm×17cm×1.4cm 材質:AS樹脂 耐冷・耐熱温度:-20~100度 ベジカップスプーン「ベジカップスプーン」は、野菜の“実の部分”をくり抜くためのスプーン。皮と実を分けたいときはもちろん、皮を器にする“ベジココット”料理を作るときにも役立つ便利なキッチングッズです。それでは、商品を詳しく見ていきましょう。

スプーンだけど鋭利!

ベジカップスプーンまずは形状。「ベジカップスプーン」という商品名のとおり、柄(持ち手)が長く、細いスプーンの形をしています。そして特徴的なのが、つぼ(液体をためる部分)の縁~先にかけての薄さです。どうやら野菜の皮と実のあいだにスッとスプーンが入るように、エッジが薄く作られているよう。 ベジカップスプーンナイフほど鋭利ではないけれど、スプーンにしては鋭いエッジだなといった印象です。 ※スプーンはあくまでもくり抜き専用。口に入れないこと! またつぼ(スプーンの丸い部分)のカーブは、一般的なスプーンと比べると幾分角度が緩やか。なんでも野菜(主にトマトの丸みに沿う)の実をキレイにくり抜くのに適した緩やかな形状になっているのだとか。つぼの中央に空いた7個の汁抜き穴は、汁気の多い野菜も汁切りしながら実をすくいあげることができるそう。 使い方はとっても簡単で「ベジカップスプーン」を野菜に差し込み、回転させて実をくり抜くだけ。では実際に、パッケージ裏面の使い方でも紹介されているトマトのベジココット料理を作ってみましょう!
次のページ 
実際に作ってみた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ