Lifestyle

なんか最近イライラする!30代女性のイラつきを医師に相談してみた

 今年、めでたく(?)独身のまま30歳を迎えそうな私。最近、20代前半の頃と比べて、なんだかイライラすることが増えたように思うんです。店員の態度にムカついて、店にクレームをつけたり、友人の言動にイラッと来て、つい余計なことを言ってしまったり。

 本当に些細なことなのに、その時の自分はなぜか許せない。あとから後悔して自己嫌悪に陥る。みなさんはそんなこと、ありませんか?

 もしかして、20代と30代の間には、何か違いがあるのかも? ということで今回、「成城松村クリニック」松村圭子院長にお話をお伺いしました。

特に生理前に心の不調が出やすい



なんか最近イライラする!30代女性のイラつきを医師に相談してみた――松村先生のもとには、「最近イライラするんです」なんて相談、ありますか?

松村先生:多いですよ。特に生理前ね。月経前症候群(PMS)といって、ホルモンが大きく変動することで、生理の1~2週間前ぐらいから精神的に不安定になったり、体調が悪くなったりして、生理が始まるとパタッと治まる。

症状は100以上もあるといわれていて、むくみや便秘、肌荒れ、ニキビ、頭痛、下腹部痛、腰痛、イライラ、落ち込み、過眠、過食……、人によってさまざまです。30代になると、その中でも精神的な不調が出やすい傾向にあります」

――私だけじゃないんですね……(ちょっと安心)。でも、20代と30代の間には、どんな差が?

松村先生:女性ホルモンは思春期にドーンと増え、20代後半でピークを迎えた後、30代後半で徐々に減少する準備を始めます。本来ならば、30歳前後というのは女性ホルモンが最も安定している時期。精神的な不調は、体の変化というよりも、環境の影響が大きいでしょう。

キャリアを積むので精いっぱいだった20代に比べて、30代はある程度まわりが見えてくる時期。良くも悪くも、自分と他人と比較をしてしまうんです。後輩に対して、『私はこんなにひどくなかったのに……』なんて思いを抱く、とかね。

同年代に関していえば、“焦り”でしょう。独身者は、結婚している人がうらやましかったり、既婚者は既婚者で、社会で活躍している人が妬ましかったり。さらに家庭内では、旦那や姑、子どもの問題。いろんな要素が複雑に絡み合い、昔よりも格段にストレスが多様化していると思います。

今の世の中、おかしくならないほうがおかしいといってもいいぐらいですよ。

――そうなんですね。月経前症候群(PMS)の対処法は、何かあるのでしょうか?

松村院長

松村院長

松村先生:揺さぶられないことが一番大事です。自分とうまく付き合うために、自分を知ること。

具体的にいえば、きちんと生理日を把握して、ある程度そのリズムを知る。生理前になったら余計な衝突を避けるために『飲み会やデートはやめよう』、『重大な決断は控えておこう』など、ある程度は自分で自分をコントロールできるでしょう。

あとは、『ま、いっか!』みたいに思うことも大切です。“8割できたとしても、できない2割が気になって仕方ない”という完璧主義な人は、ストレスを溜め込みやすいですから。“できた8割”に注目してあげてみてはいかがでしょうか。

⇒【後編】「イライラは抑えすぎず”ちょい出し”を」。女医さんに聞くストレスとの付き合い方」に続く http://joshi-spa.jp/129623

【松村圭子氏】
婦人科・美容皮膚科医。成城松村クリニック院長。雑誌やテレビ、講演などで幅広く活躍中。著書に『女のコのためのもっともっと愛されるSEX』(双葉社)、『女性ホルモンがつくる、キレイの秘密』(永岡書店)、『女性ホルモン美バランスの秘訣』(大泉書店)などがある

<TEXT/廣野順子 PHOTO/Wavebreakmedia Ltd>

女のコのためのもっともっと愛されるSEX

脳とホルモンの働きによって揺れる女のコの心と身体を最先端医療で解き明かす女のコのための女のコによるSEXバイブル。婦人科医として最先端治療にも携わり、ルナルナの顧問医も務める成城松村クリニックの松村圭子院長と、数々の人気アダルト作品への出演経験をもつ大人気AV女優、紗倉まなとの共著。




あなたにおすすめ