Love

Hの前は歯ミガキさせる…“清潔くん”のめんどくせー生態3つ

 どうもこんにちは。ゲイライターの渋谷アシルです。

 ぼくのまわりに生息する「厄介な男」たちを紹介するこの企画。第5回目となる今回は、「超潔癖男」を取り上げてみます。

「清潔なオトコ」も度が過ぎれば危険……



 女性に男性の好みを聞くと、高確率で「清潔感がある人」が挙げられます。なかには、「多少ブサイクでも、清潔さが漂っているといいオトコに見える」なんて意見も。だからなのか、最近の男子は身だしなみを完璧に整えている人が多いですよね。でも、何事もほどほどが肝心。いきすぎた「超潔癖男」は、厄介そのもの。そんな彼らの特徴とは……。

1)彼女のつくった“おにぎり”が食べられない

 いつ会っても完璧な身だしなみのEさん。爽やかな見た目で、女性にもモテるんですが、彼は重度の潔癖男。基本的に「自分以外の人が作った料理が食べられない」んです。

 そんな彼も、大好きな彼女が作った料理は我慢して食べるそう。ところがある朝、彼女が握った“おにぎり”を見て、「これは無理! 食えない!」と大騒ぎ。調理器具を使ったものならまだしも、直に手で握った“おにぎり”は「汚い」とのこと。

 もちろん彼女は大激怒。これがきっかけで別れてしまったそうですが、「これで気持ち悪いもの食べなくて済む」と安堵していましたよ……。

2)クルマのなかでは土足厳禁

 これまた別の彼女の話ですが、初めてドライブデートをすることになったEさん。はにかむ彼女がクルマに乗ろうとした瞬間、「あ、靴は脱いで」と言い放ってしまったそう。

「靴底に何がついているかわからない」のが理由のようですが、そんなことを気にするのは彼くらい。もちろんデートは盛り上がるわけもなく、その彼女とはすぐに疎遠になってしまいました。

 ちなみに、「裸足は汚くないの?」と尋ねてみたところ、「もちろん汚いから、タオルの上に足を乗せてもらうんだよ」なんて。こちらの一歩も二歩も先を行く潔癖ぶりに、ポカーンとしてしまいました。

3)セックス前には歯間ブラシを

Hの前は歯ミガキさせる…“清潔くん”のめんどくせー生態3つ そんな彼がセックスするとき、必ず女性にさせていること。それは「歯みがき×歯間ブラシ×マウスウォッシュ」です。

 理由は言わずもがな、セックスの最中にちょっとでも口臭がすると、とたんに萎えてしまうから。確かにマウスケアはエチケットともいえますが、さすがにこれはやりすぎ。ムードも台無しです。だからなのか、実際にセックスに至るケースは稀のよう。

 でも、彼曰く、「そもそもセックス自体が汚らしいし」とのこと。もういっそ、無菌室でオナニーでもしてなさいよ!

 清潔感に気を配るのは決して悪いことではありません。でも、それを他人に強要するようなオトコには注意して。いきすぎた「潔癖さ」は、他人を傷つけることも。「厄介な男」にはご用心を!

<TEXT/渋谷アシル>

【渋谷アシル プロフィール】
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント。オトコに振り回される世の女性のために、ひとり勝手にPCに向かう毎日。

― 本当にいた厄介な男【5】 ―




あなたにおすすめ