♂&♀

アブナいLINE掲示板で、男を探す女性たちの事情

 “ネットナンパ”という言葉は昔からあるけれど、今ではその主戦場はLINE。やり逃げ目的の男たちにご用心!と思ったら、女性のほうもなぜかLINEだと警戒心がゆるくなってしまうようで……。

終電後にライン掲示板で泊まる場所探し



アブナいLINE掲示板で、男を探す女性たちの事情 ラインナンパ男がこぞって使う友達募集掲示板。男女がラインIDをさらして「気軽に絡んで~」などと書く掲示板が、山のようにある。

 出会い系アプリのまとめサイトを運営するK氏は「ラインは出会いを求める男女の欲求を満たす機能をすべて備えている」と話す。

「ライン掲示板を見ると、話し相手の募集から援助交際、さらには有料サイトへ誘導するアフィリエイターまで玉石混交。年齢規制もないので、中高生も多いです。ただ、近年は運営側も掲示板アプリに規制を求めたり、ID検索に回数制限を設けたりして、少しずつケアをする動きは見せています」

 そんなカオスなライン掲示板だが、いまだ普通の女性も使っている。たとえば終電を逃したとき。

「終電を逃したら暇つぶしも兼ねて掲示板に投稿する」(25歳・事務)

「掲示板に『終電乗れなかった~。今〇〇にいます』って書き込むだけで、すぐに近場の人から連絡が来るから楽なんです。居酒屋やカラオケとか、これまで10人くらいと会いました」(28歳・介護)

 また、泊まる場所を探す若い女性が使う、いわゆる「神待ちサイト」の代わりに掲示板を使うケースも。

「ライン掲示板だと学生とか若い草食系の男も多いから、HなしのカラオケでOKなことも多いんだよね」(20歳・フリーター)

チャラ男に行きつくことが多い



 さらに、自分から進んで、後腐れのない相手を求める、アグレッシブな女性の声もあった。

「彼氏がラインで浮気しまくってる。ムカついたから私も掲示板使って近場の男を探して浮気してやった(笑)」(23歳・アパレル)

「彼氏もいなくて荒んでた時期にラインで結構会ってた。サラリーマンから、ギャル男、ホスト、いろんな種類の男に会いましたね。ホテルに行くこともあれば、自宅もあった。私のなかで、『出会い系サイトじゃなくてラインで知り合った』ってのが重要で、後ろめたさを感じずに済むんです」(27歳・派遣)

「結局、遊び慣れたチャラ男に行きつくことが多いんですけどね。まぁ、彼氏とはできないHを純粋に楽しめるからいいかなって。おもちゃを使ったりシチュエーションを変えたりして、結構楽しんでました」(31歳・OL)

 でも、相手の情報が少ない”ライン出会い”には、もちろん失敗談もある。

「前にラインで知り合った人がお姉ちゃんの元カレで、超気まずい思いした(笑)」(21歳・学生)

「ライン使ってちょっと前に会った男と連絡が取れないんです…。ヤリ捨てられたみたいでムカつく!」(26歳・接客業)

 ラインの中には、男性だけでなく、女性の欲望も渦巻いているのだ。

― [LINEナンパ]にご用心【7】 ―




あなたにおすすめ