モテない原因は『部屋』にある!? 「モテ部屋」3つの法則【後編】

 寝たはずなのに疲れが取れない、足先や指先が冷えてつらいなど、多くの女性が抱える体の悩み。寝具を変えたり保温グッズを使ったりと対策を講じるも、一向に改善の兆しは見えず……という方も多いよう。

 それもそのはず。実はその原因、“部屋”にあったんです。しかも!!! その部屋こそが恋と結婚に結びつく大きなカギを握っているんだとか!

 そこで。崖っぷち婚活ライター・千葉こころ37歳、結婚できる部屋探しをすべく、不動産・住宅情報サイトのHOME’Sさんが主催する「卒!婚活女子!!美部屋めぐりバスツアー」に参加して参りました!

⇒【前半】はコチラ

美しさをつくるのは良質な睡眠



 バスツアー最後の訪問先は「快眠美部屋」

「美容にも健康にも睡眠は大切。静かな環境で快眠でき、朝日を浴びて爽やかに起きられる部屋が望ましいです」とおっしゃる中川先生が快眠に欠かせないポイントとして挙げるのはこちら。

・コンクリートや鉄で造られている
・夜10時にうるさくない
・東、あるいは南にカーテンが開けられる窓がある
・角部屋で階段やエレベーターから離れている


 快適な睡眠に欠かせないのは静けさ。コンクリートや鉄筋は遮音性が高いので、外や近隣の物音が聞こえにくいそう。

 角部屋であれば自分の家に訪ねてくる人以外は玄関前を通らないので、足音も気になりません。女性の一人暮らしには、防犯の面からもオススメ。

また、朝日を浴びての起床は体内時計をリセットしてくれるため、健康な体づくりには必須。
カーテンを開けられる窓が東側にあれば、新鮮な空気を吸い込みながら朝日を浴びて起きることができます。

 3件目にお邪魔した「快眠美部屋」は鉄筋コンクリート造り13階建ての11階にある角部屋。繁華街や高速道路が近くにあるとは思えない静けさは、上層階だからこそ。

朝日の降り注ぐ東側の窓は角部屋の特権

 東と南にある窓は、上層階なので外からの目を気にせず開けることができて換気もバッチリ。

 カーテンは99%UVカットのものを選んだという美容意識も高いこの部屋の住人・三輪朋代さんは、この部屋に越してきて眠りの質が変わったと言います。

「以前は木造の下層階に住んでいて、外や近隣の音が常に気になっていました。今の部屋はとても静かで快眠できます。睡眠が変わったら、体や肌の調子がすごくよくなりました」

婚活祈願も忘れずに……



 結婚につながる3件の美部屋を巡った「卒!婚活!!美部屋バスツアー」。恋愛成就にご利益があると有名な“東京大神宮”での婚活成就祈願も盛り込まれていました。

 何事も体が資本。美部屋で内側からキレイをつくり、男性の居心地がいい雰囲気をまとえば結婚が近づくのもなんだか納得です。

 中川先生の解説を聞き、実際の美部屋を観て住人の感想を聞き、卒婚活に向けて美部屋作りを心に誓った筆者。参加者の女性達も、「断捨離からはじめてみようと思う」「男性を招ける美部屋を目指す!」など、それぞれ美部屋パワーを実感したようです。

 なかなか実らない婚活に悩んでいるあなた、まずは美部屋作りからはじめてみてはいかがですか?


●不動産・住宅情報サイトHOME’S http://www.homes.co.jp/

<TEXT・PHOTO/千葉こころ>

千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。




あなたにおすすめ