♂&♀

ウブな女性ほど、快感に目覚めると暴走する

矢口真里や上原さくらの例を挙げるまでもなく、最近では珍しくなくなった「ミセスの浮気」。一体どういう気持ちで暴走してしまうのか? そこで浮気真っ最中の奥さまたちに直接取材。悪びれず過激な体験を語る姿に、取材陣も圧倒されたのだった……。

長いSEXレスの末、30代でハプバーに



●順子さん(仮名)39歳・専業主婦

「経済力があって浮気もしない夫とかわいい子供。傍目には理想の結婚生活なんでしょうけど……」

 淡々と語るのは、運送会社を営む夫と3人の息子を持つ専業主婦の順子さん。一見、貞淑なセレブ妻の彼女だが、実は4年前からハプニングバーの常連になっている。

「18歳で、子供ができたから仕方なく結婚したんです。以来、約20年間でエッチは10回未満。夫が下手なこともあり、気持ちいいとは全然思えず、子づくり以外のSEXは拒んできました。でも、一番下の息子の高校入学と同時に、突如『エロサイトを見よう!』と思い立って。初めはAVを見るだけだったけど、次第に『ほかの男とのエッチはどんなものかしら』と興味が出てきて、出会い系SNSに手を出してみたんです」

セックス, 家庭, 悩めるオンナたち, 浮気, 結婚 プロフィールには、ほかの人妻にならって、自分の局部アップ写真を掲載したのだとか。

「そんなものなのかな、と思って」

 世間知らずな人妻ほど飛躍すると怖い。そして4人の男性に会ってみるものの、相性はイマイチ。「自分は不感症なのかも」と思い始めた頃、そのうちの1人にハプバーに連れていかれる。そこで、彼女のSEX観は一変した。

「初めてのハプバーで、いきなり3~4人の男性と合体。『一度に大勢の男に注目される』状況でスイッチが入るタイプだったのか、初めてSEXが楽しいと感じました

ついに露出プレイまでエスカレート



 その後は、月に数回、複数プレイを楽しむだけでは飽き足らず、バーで出会った男性と週1回のデートを重ねるように。エロ系掲示板で覗きを募り、隣の市の公園の駐車場で公開カーSEXするなど、着々と過激度を増している。

「でも彼に恋愛感情があるわけじゃなく、単に『彼が私を唯一イカせてくれる男』だから会うだけ。それに最近は不況で夫が家にいるので、前ほどデートもしてない。夫にはバレたくないですから」

 いくら性に目覚めたとはいえ、所詮は火遊び。やはり一番大事なのは夫ということなのか?

「そういうわけでもないんですよね。私にとって夫は『ご飯を食べさせてくれる人』。だから機嫌を損ねられるのはマズイ。私に経済力があれば離婚しますけど、現実は無理だし。『夫の浮気が発覚して、慰謝料をもらって離婚できたらなぁ』と期待は抱いてます(笑)」

<PHOTO/Roland Betzl>
― 「普通の奥さん」が浮気に走った理由【3】 ―




あなたにおすすめ