Entertainment
Beauty

噂の「真似メイク」でローラやこじはるになれる

 まず、こちらの写真をご覧ください。
⇒【画像】http://joshi-spa.jp/?attachment_id=25662

小嶋陽菜,ローラ,戸田恵梨香 左から戸田恵梨香、小嶋陽菜(AKB48)、ローラ……に見えますが、実はこれ、同一人物が「真似メイク」によって変身した姿なのです。

梶恵理子 この驚くべき「真似メイク」テクニックの持ち主は、梶恵理子さん。

 高校時代からブログで真似メイクを発表し、一躍人気ブロガーになった彼女は、現在は美容専門学校に通いながら、「真似メイクアーティスト」として雑誌やテレビでも活躍しています。

 今月発売された初の著書『憧れの顔になれる! 真似メイクBOOK』では、上の3名をはじめ、石原さとみ、安室奈美恵、板野友美、剛力彩芽、芹那、藤井リナといった人気芸能人の真似メイクが収録されています。

憧れの顔になれる! 真似メイクBOOK でも、もともと美人かつメイクが上手な梶さんだから成立するのであって、普通の読者が真似するのはハードルが高いのでは? とも思ってしまいますが……。

「そんなことありません! 真似メイクには、特別な道具や高いコスメは必要ないんです。真似したい人の顔のパーツを、ひとつひとつ似せていくだけ。特に眉を変えるだけで、顔の印象はかなり変わりますよ

たとえば、戸田恵梨香、小嶋陽菜、ローラの眉メイクを見比べてみると……。

⇒【画像】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=25667


真似メイク「戸田さんは、うねるような細眉がポイント。右目のまぶたにほくろを描くのも忘れずに。小嶋さんは、茶色のアイブロウパウダーで、ふんわりと太めに描いています。ローラさんは彫りの深さを強調するために、眉の下のラインを描き足しています。明るめの眉マスカラも必須です」

 なるほど、確かに眉毛ひとつとっても、全然違うものなのですね! 惰性でいつも同じメイクをしがちな筆者は、目から鱗でした。

「それに、真似メイク=似ていることがすべてじゃないんです。可愛くなりたい、憧れの芸能人に近づきたいっていう乙女心に意味があると思います。モノマネではなく、日常的に使えるナチュラルメイクなのがポイントです」

7月28日(日) 13時から、タワーレコード渋谷店にて、発売記念トークイベントの開催も決定(無料)。
読者モデル仲間である神尾美沙さん、千葉由佳さんをゲストに、ビューティーを中心としたトークを繰り広げます。真似メイク実演も予定。 
詳細はこちらをチェック!
http://tower.jp/store/event/2013/07/003060

真似メイク上達のコツ



最後に、梶さんに真似メイクが上達する極意を聞きました!

1:真似する顔の特徴を見極めて、自分の顔を近づける
「NAVERまとめなどでたくさん写真を見ていると、『眉尻を高くするのがポイントだな』とか『分厚い唇が魅力だな』とか、その人の顔の特徴がわかってきます」

2:ヘア、衣装、表情も全力でなりきる
「メイクはもちろんですが、髪型や服装、表情など、全体の雰囲気も大事。恥ずかしがらず、自信を持ってなりきってください!」

3:メイクも自撮りも練習あるのみ
「とにかく練習すれば、必ず上達します。自撮りは1回に100枚くらい撮ります。そうすると、1枚くらいは『これだ!』って写真があったりします(笑)」

 現在「かじえり流芸能人真似メイク 大変身! なりきりフォトコンテスト」を開催中(http://contest.kajieriko.com/)。結果は、9月上旬に女子SPA!でも発表予定です。応募方法は、上記のサイトをご覧ください。たくさんのご応募お待ちしております! <TEXT/女子SPA!編集部>

憧れの顔になれる! 真似メイクBOOK

整形しなくても、似る!!




あなたにおすすめ