♂&♀

200人斬り男「合コンお持ち帰り」の驚くべきテク

 草食系男が多い昨今だが、ひそかに数十人・数百人の女性を食い散らかしている肉食男も存在する。別にイケメンでもなく、「なんでこの人が?」と思うこともしばしば。そんな肉食男たちが懸命に開発した「オレ流・口説きテク」を取材してみた。女性のみなさん、気をつけましょうね!

シェアハウスを借りて合コン二次会やヤリ部屋に活用



●体験人数200人 尾崎克実さん(仮名・28歳/モデル事務所)

 色黒、長髪、開襟シャツで遊び人の雰囲気が漂う尾崎さんは、大学時代の友人と4人で池袋に1LDKの部屋をシェアしている。その部屋は住居目的ではなく“ヤリ部屋”。生活感のなさは「先週引っ越したばかり」と言って偽装するとか。

「4人とも大の合コン好きなんですけど、あるときに二次会の飲み代や、お持ち帰りしたときのホテル代がもったいないって話になったんですよ。それで都心でも4人で分担すれば、一回の合コンで使う金額よりも安いねってことで池袋に部屋を借りたんです」

合コン,男の生態,性生活 池袋駅から歩いて帰れる距離なので、合コンで終電を逃した女性を自宅に持ち帰るという。ストレートにホテルに誘うと目的はセックスだけだが、自宅に誘う目的は「一緒にDVDを観よう」とか「ゲームやろうよ」とかいくらでもある。女性の側も「最終的にはセックスが目的なんだろうな」とわかっていても、自宅に遊びに行くという前提があったほうが自分自身に言い訳ができるのだ。

「合コンも同じチームでやることが多いですよ。僕たちはチームプレイが身上で、1対1の勝負に持ち込むのは禁止にしているんです。合コンをしても全員がカップル成立するなんて滅多にないじゃないですか。そんなときは全力で、うまくいきそうなヤツのアシストをして、部屋を譲るんです。

 あと、よく使うのが、一次会の後にみんなで池袋のデパ地下に寄って、惣菜や酒を買って家で二次会をやろうって提案するんです。自宅パーティって女のコもワクワクするし、全員で行くんだったらって安心感もあるでしょう。それでワイワイやってればイイ雰囲気になります」

 お持ち帰りに苦労するぐらいなら、家で合コンをやっちゃえ、というのは、たしかに発想の転換だ。仮に家賃が月8万円だとして、4人で借りれば月2万円。これを応用して、肉食女子4人でヤリ部屋を借りてしまうのもアリかも!?

<ILLUSTRATION/James2000>
― 男が明かす「口説きの裏テク」実例集【9】 ―




あなたにおすすめ