Beauty

肌だけじゃダメ 「目のUVケア」が必要な理由とは

 日差しがジリジリと照りつける夏。「日焼け止め+日傘で紫外線(UV)対策はバッチリ♪」だと思っている女子の皆さん、それでは甘い! 実は肌だけではなく「目」の紫外線対策も必要なのだとか。専門家に話を聞いてみました。

UVケア

紫外線はやっぱり大敵!

目に紫外線が当たると眼病リスクが高まる



「目に紫外線が当たると、慢性的な充血となり、瞼裂斑(けんれつはん)や翼状片(よくじょうへん)、白内障などの眼病リスクを高めると言われています」と話すのは、機能性アイウェア「JINS PC」「JINS SPORTS」などが大ヒット中の、株式会社ジェイアイエヌ 広報担当 齊藤さん。

 瞼裂斑とは、紫外線や加齢などが原因でできる目のシミのこと。白目の一部がシミのように黄色く濁り、盛り上がってくるという症状で、ドライアイの原因になることも。

 翼状片とは、白目部分の結膜から白い三角形の組織が黒目にかかってくるという症状です。黒目にどんどんかかってくるので、光の通り道をじゃまして見えにくくし、進行すると乱視を引き起こします。

 白内障とは、水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる症状です。年をとると出てくるものですが、紫外線による影響もあると考えられています。目の中の水晶体が紫外線をたくさん浴びると、症状が早くあらわれます。

 これは恐ろしい。続いて齊藤さんが教えてくれたのは、マウスを使った比較実験の結果。

目に紫外線が当たるだけでシミ・シワができる!?



「マウスを使った比較実験では、目だけに紫外線を当てられたマウスでも身体全体のメラニン量が増加したという結果が出ています。この結果から、目に紫外線を当てるだけで、シミ・シワの原因となるメラニンの生成が促進されてしまうことが分かっています。日焼け止めや、洋服などで肌への紫外線対策をしたとしても、目からの紫外線を防がなければ、完璧な紫外線対策を行なっているとは言えません」

 なるほど……。日焼け止めや日傘、帽子では明らかに足りないということですね。でも、目の紫外線対策って、具体的にはどうすればいいのでしょう?

「サングラスやメガネをかけることで対策することができます。ただし、意識したいのは『紫外線カット加工のあるレンズ』であるかどうか。単に色が濃いだけのサングラスでは紫外線は防げませんし、真っ黒なレンズで透過率を低下させると、目の瞳孔が広がり、逆に見え方の質を落とすこともあります」

 とはいえ、働き女子にとってオンの日は、サングラスなんてできません……。何か代わりになるものってありませんか?

「意外と知られていませんが、色のついていない透明のレンズでも、紫外線カット加工のあるレンズが入ったメガネはあります。サングラスをかけなくても目の紫外線対策をすることができます。ファッションや目的に合わせて、選んでいただきたいですね」

 そんな同社が「紫外線の強いこの時期に、目からの紫外線対策を啓蒙したい」という思いを込めて作ったのが、すっぴんの楽しみ方を提案するメディア「日本すっぴん協会」とコラボした「スポーツ総研 http://suppin.info/spoken」。メガネやサングラスなどを用いた、スポーツ・アウトドア時に役立つ紫外線対策が掲載されています。

「日本すっぴん協会立ち上げ1周年を記念して作った、スポーツとすっぴん美肌の関係性と、スポーツ時のお作法を発信する新しいコンテンツです。スポーツを通じてお肌を変えたいと思っている方にとって、新たな発見につながると嬉しいです」とは、同会長の静香さん。特にランニングやヨガなどのスポーツ時に、紫外線対策を徹底したい……と感じる女子は覗いてみては? <TEXT/池田園子>

【関連リンク】
・スポーツ総研 http://suppin.info/spoken
・JINS SPORTS http://www.jins-jp.com/functional/sports/
・「日本すっぴん協会」 http://suppin.info/

池田園子
86世代のライター。楽天→ITベンチャー→フリーに。恋愛、Web、アプリ、ガジェット、美容ネタなどを書く




あなたにおすすめ