♂&♀

男なのに元AV女優の大島薫×しみけん、大まじめに性を語った夜

 大島薫さんの初単行本『ボクらしく。』発売記念トークライブ&サイン会「大島薫 ロフトグループ巡業4番勝負 with スペシャルゲストしみけん」に行ってきました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=355296

大島さん(中央)としみけんさん(右)

大島さん(中央)、しみけんさん(右)

 完全なる男の子なのに、「AV女優」として活動していた大島薫さんですが、彼(彼女?)のブログ(http://blog.livedoor.jp/hinatakaoru/)やTwitter(@Oshima_Kaoru)は、ノリが良くて雑学ネタも多く、いくら読んでも飽きません。

著書『ボクらしく。』が好調



 そんな大島さんの初単行本『ボクらしく。』は、自身の半生を振り返る内容で「大島薫」がつくられた経緯がわかる力作でした。テンポが良いのでスラスラ読めます。出版して2週間で重版がかかるという売れっぷり。

大島さん

可愛すぎる大島さん(『ボクらしく。』より)

 今回のイベントは、『ボクらしく。』の編集担当・井戸隆明さんに加えて、AV男優のしみけんさんを迎えての開催です。しみけんさんも『AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい』を上梓しています。AV収録現場の裏話や雑学ネタ満載で、こちらも一気に読めてしまいました。

 知識の豊富なAV業界人(井戸氏もAV出演経歴があるそうです)たちが集うイベント。メディアでは放送できない危険なネタがどっかんどっかん上がるに違いないです。さっそく阿佐ヶ谷ロフトAに足を運んでみました。

『学校へ行こう!』オーディションを受けた過去も



 ライブは、大島薫さんの半生を語る前半と、しみけんさんを加えての後半、そしてサイン会という構成でした。

大島さん(右)と編集・井戸さん

大島さん(右)と編集・井戸さん

 前半は、『ボクらしく。』で語られなかった過去の思い出の掘り起こしです。

 思いつくことはすべて書籍で語っているらしく、なかなか思い出せないようでしたが、「高2か高3のときに『学校へ行こう!』(TBS系列)の女装男子の出演者オーディションを受けた」という情報が。

 惜しくも出演には至らなかったようだけど、初々しい高校生の大島さん、見てみたかったですね。

 また、書籍を出版した際は、大島さん本人がアルタ前でビラを配って宣伝したのだとか。誰もビラをもらってくれなくて、「立ってものを配っている人への嫌悪感をすごく感じた」のだそう。

 そんな苦労があっての重版……努力は報われるって感じですね。このビラ配りの様子を、井戸さんが撮影していたようなので、どこかのイベントで見られるかもしれません。

しみけんがハイテンションで登場



 余談だけど編集の井戸さん、高校生の時にAVの撮影をしていたそう。でも女子を出演させるわけにはいかないので、男子生徒同士で陰毛を食べさせるAVを撮っていたんですって。「それなりに当時は興奮した」と言っていましたが、なかなかのフェチっぷりですね……。

大島さんとしみけんさん 後半になり、しみけんさん登場です。

「もう8時間も射精してないから金玉ぱんぱん」と、のっけからハイテンションです。AVでは絡んだことがないという大島さんとしみけんさん、この夜が初対面だったそうです。出演者が3人に増えたところで、さらに下ネタに磨きがかかって盛り上がりました。

⇒セックスレス相談に、薫&しみけんの意外な回答は…

<TEXT/和久井香菜子>

⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

ボクらしく。 (マイウェイムック)

史上最高にカワイイ男子・大島薫の初フォトエッセイ!
「AV女優」引退後、タレント&執筆活動をメインに再始動した大島薫。
生い立ち、挫折、恋愛などを赤裸々に綴ったエッセイに加え、短編小説も収録。
その上、本人プロデュースによるセルフポートレイトや、 幼少期〜イケてなかった中学時代〜イケメン高校時代、 女装を始めたばかりの初々しい写真なども初公開!
Twitterフォロワー数10万人超! みんな大好き大島薫のすべてがここに!

AV男優しみけん~光り輝くクズでありたい

AV男優という職業を、男性なら誰でも一度は「うらやましい」と思ったことがあるのでは?
出演作品7500本超、経験人数は8000人超という、トップ男優しみけん氏が語る超絶業界裏話と仕事への矜恃。

あなたにおすすめ