♂&♀

ラブマッサージより、普通の肩もみがSEXレスに効く

今やNHKが朝の情報番組で取り上げるぐらいメジャーな問題になった「セックスレス」。一人で悩むより、オープンに話して解決策を考えたい。男性・女性両方に、セックスレスをめぐるホンネを取材してみた。

気持ちがノッていない相手にはラブマッサージより肩揉みが効く!?



 その気になってくれないパートナーにマッサージの類を施すことで「その気にさせる」ことはできるのだろうか? マッサージ師の垣根凛子さん(仮名・27歳)は、都心のビジネス街に店舗を構えるクリニックに勤務し、毎日あらゆる人種の男女に施術を行っている若きベテラン。人体を知り尽くした彼女はこう語る。

「ラブマッサージと呼ばれる性感マッサージでは、羽毛で触れるような軽いタッチで相手の感度を高めていきますが、これを行うときは、相手もその気になっているのが前提。その気のない相手にフェザータッチをしても、くすぐったがられるのがオチです」

 アンケートでも「疲れているときのボディタッチはウザい」という意見が散見された。「仕事や育児で忙しくしていると、セックスするより早く寝たい……という気分になりがち。そんなときは、『今日もお疲れさま。肩でももんであげようか』という導入から、こっそり眠気覚ましのツボを押してあげるとよいでしょう。

 眠気覚ましのツボは、首筋の中央の凹んだ部分にありますから、肩揉みの延長で刺激しても不自然ではありません。それで相手がシャキッとした気分になってくれれば、その後の展開も期待できるというものです」

 その際、催淫効果とリラックス効果持つアロマオイルを使えばさらに効果的とか。

「イランイラン、サンダルウッド、ジャスミンなど、よく名前を聞くオイルにも催淫効果を持つものは多いので、好きな香りのものを選ぶなどして、気軽に試してみるといいでしょう」

SEXレス
<TEXT/SPA!セックスレス研究班 PHOTO/高中建次 ILLUSTRATION/Abhishek4383 アンケート協力/メディアパーク 春乃れぃ&Friends>
― 男と女が真面目に語る「SEXレス」問題【10】 ―




あなたにおすすめ