♂&♀
Lifestyle

イタタ…濡れない原因はストレスかも?“ジュワ~”と潤う方法を婦人科医がアンサー

 現代日本の“生きづらさ”ばかりが声高に叫ばれる昨今。30代後半にさしかかる女性にとっては大事なアソコの“濡れづらさ”の方が重大だってんですよ! というわけで、乾燥しやすいこの時期、ジュンジュワ~の仕組みと日頃からできる膣ケアについて、婦人科治療の専門ドクター・成城松村クリニックの松村圭子先生に伺ってきましたよ。

“ジュン、ジュワ~”はこんな仕組みで出てるんです!



濡れない―――松村先生! 最近、30代後半で“濡れづらさ”を訴える女性が多いように感じます。冬は肌が乾燥しやすいように膣も乾燥しやすいのでしょうか。

松村圭子先生(以下、松村先生):「“濡れる”というのは女性の愛液……正確には膣分泌液と言いますが、これは女性ホルモンが関係しており、とくに40代後半くらいから分泌量が減ります。というわけで、一般的に30代後半で分泌量の減少はあまり考えられませんよ」

―――そうなんですか~? では、そもそも膣分泌液ってどういう仕組みでジュンジュワ~っとなるものなんですか?

松村先生:「膣分泌液はいわゆる膣内の血管から滲み出る汗みたいなもの。おもに平常時でも分泌して膣内を瑞々しく保ち自浄作用も担っています。そして性的に興奮した時にも分泌して性交時の潤滑剤にもなるんですね」

―――なるほど。では若年層で“濡れづらさ”を感じている人は、どういう状態からなのでしょうか。

松村先生:「40代前半あたりまでは十分に膣分泌液は出るはずです。若年層の場合は単純に緊張やストレスから“濡れづらい”状態なだけでしょう。たとえばセックス自体が嫌いだったり、セックスしたい気持ちになれないだったり、恋人や夫とそういう状況になると体が強ばって緊張してしまうといった性欲の不一致や、日頃の疲れによるストレス過多なども関係します」

―――なるほど……仕事の緊張やストレスも関係していると……。

松村先生:「はい。ストレスがあると自律神経のなかの交感神経ばかりが働くんですね。交感神経が働くと血管が縮まって血圧が上がり、血流も悪くなる。膣分泌液は血管から漏れ出た汗なのですから、血流が悪くなれば自ずと分泌物も減り、濡れづらいという状況になりますよね」

―――では若年層で濡れづらさを感じる女性はどうしたら???

松村先生:「ストレスを減らす方法を考えるとか、セックスしたくないのに相手に合わせてするといったことがないよう意思疎通する必要がありますね。セックスは究極のコミュニケーションなんですから、通常のコミュニケーションが不全ならばミゾは深まるばかりですよ」

40代後半から愛液=膣分泌液は減少! でも〇〇で膣分泌液は増やせる!?



―――そもそも、なぜ膣分泌液は40代後半で分泌量が下がるのですか?

松村圭子先生

松村圭子先生

松村先生:「それは膣を潤す女性ホルモンのエストロゲンが40代後半から急激に減るからです。その年代になると閉経する方もいますから、そうなれば尚更です。エストロゲンの減少が膣や外陰粘膜の萎縮や乾燥を招き、性交痛を伴うことがあります」

―――性交痛ってセックスの挿入時に痛みを感じたりするアレですか!

松村先生:「はい。ウチのクリニックにも閉経後で“旦那がしたいと迫ってくるけど、私は痛くてイヤなの。痛くなければ良いんだけど……”といった患者さんはけっこういらっしゃいます」

―――そういう場合はどう対処されるのですか。

松村先生:「症状に応じて膣分泌液の代わりとなる潤滑ゼリーを処方したり、外陰部に塗る女性ホルモンのクリームや膣錠を処方したりします。あと、最近では“モナリザ・タッチ”という膣用の特殊レーザーを使って膣の若返りを施す場合もありますね」

―――モナリザ・タッチ! なんでしょう、それは!

松村先生:「膣にレーザーをあてて膣内の粘膜に刺激を与えると加齢により薄くなった膣内のヒダがふっくらするんですね。すると柔軟性が蘇り、潤い成分が出やすくなる。つまり、膣分泌液が出やすい状態になるのです」

―――そのモナリザ・タッチはどのくらい普及されているのでしょうか?

松村先生:「うちのクリニックではまだ導入していませんが、世界的には欧米を中心に1万人以上の人が受けていると言われています」

―――では40代後半以降は膣錠やモナリザ・タッチのお世話にならなければダメということですか……?

松村先生:「いえいえそんなことはないですよ。膣の状態は一概に年齢だけとも言えません。閉経以降に関してはセックスの頻度にもよるんです。60代でも定期的にセックスをしていれば膣の伸縮性は保たれ、若々しい方もいます。50代以降もセックスをしていれば膣の萎縮を防ぐことができ、性交痛もあまりおきません」

 セックスはいくつになっても大切なんですね…。第二回「デリケートゾーンはバイ菌だらけ!?ツルツルも効果なし」は、日頃からできるデリケートゾーンのケアについてお伺いします!

<TEXT/カワイモモコ PHOTO/Pixattitude>

カワイモモコ
1977年、東京都生まれ。ライター歴20年。ふだんは週刊誌でエロい記事を書いているが、最近はSEKAI NO OWARIをプチ追っかけ中。一方で昔から長渕剛も好きでこの夏はセカオワの日産スタジアムライブと長渕の富士山オールナイトライブをハシゴした。




あなたにおすすめ