♂&♀

外資系アパレルからセクシー男優に。人気男優の素顔とホンネ

 トークショーやイベントを行うと女性ファンがドッと押し寄せるなど、一定のファン層を得ているAV男優。今回はAV男優の出張ホスト『BLACK SWAN-Tokyo-(ブラックスワン東京)』の代表兼現役男優の阿川陽志さんとホスト兼男優の8chanこと服部さんに、男優になったキッカケや男優の恋愛事情など禁断トークまでアレコレ聞いちゃいました。

BLACK SWAN-Tokyo-

右:BLACK SWAN-Tokyo-代表の阿川氏、左:AV男優ホストの8chan氏

一般職と掛け持ちで“汁男優”からスタート



――おふたりがAV男優になったキッカケって何だったのですか?

阿川:音楽系の学校を卒業後、表参道の外資系アパレルの店員をやってたんです。その店には男優のお客様が何人かいて、今はもう引退しちゃったけど当時有名だった男優さんから“男優やってみない?”って誘われて。21歳の時です。

――“やってみない?”って。そんな軽いお誘いだったんですか?

阿川:当時は女性好きで“歩く性器”状態だったので(笑)、興味本位で。撮影現場は渋谷や新宿がわりと多いので、休憩時間に撮影現場に駆けつけ“汁男優”的な仕事をやらさせていただいてました。8chanも最初は汁男優からだよね。

8chan:そうです。自分は26歳まで色んな肉体労働系の仕事をしてました。セックスよりもAV好きのオナニストだったのでAVを見まくってたんですよ。それでパッケージの裏の“白ブリ隊募集”っていう求人情報を見て応募しまして。

――すいません、汁男優? 白ブリ隊?? なんですか、ソレは。

阿川:汁男優はAVにおける脇役男優の一種です。作品の演出上、精液が必要な時にオナニーで射精する役割です。白ブリ隊も同じようなもので、女優の裸を見ながらオナニーをしたり汁男優と同じような役割をしたりもします。

――阿川さんも最初はアパレルと男優を掛け持ちでやってたんですよね。

阿川:はい。でも僕のケースだけかわからないですが、アパレル店員って結局、薄給なのに借金してでも服を買わなきゃいけなくてキツくて。男優の仕事を始めてから借金が返せるようになり、これはイケるぞと、22歳の頃には店員を辞めて男優一本で仕事を始めました。

8chan:自分も阿川さんと同じで、白ブリ隊を始めた頃は派遣の掃除スタッフをしながら汁男優をやってましたがどんどんAVの稼ぎが上回ってきて、これは食って行けるんじゃないかって。27歳の頃には男優一本でやってましたね。

――ちなみに初体験っていつなんですか? やはり早熟なのでしょうか。

阿川:14歳の時に近所の女子高生のお姉さんにご教授いただきました。8chanは?

8chan:僕も19歳の時に3歳年上の女性に教わりましたね。

阿川:8chanも年上? オレなんてさー、そのお姉さんに部屋に呼ばれて初体験して、その時に初めて潮吹きしたんですよ。きっとあのお姉さんの誘導が上手かったんでしょうね~。

多い時で1日に3現場以上! AV男優の“乾かない一日”



――AV男優さんて、やっぱり1日に何現場も行くんですか?

阿川:自分は今は男優の方の仕事だけでなく色々と事業を立ち上げたこともあり、半々ではありますね。体はひとつしかないので(笑)。

8chan:自分は今日はひとつの現場での仕事を終えてからココに来ました。

――おお~。8hanさんは今日はどんな現場だったんですか?

8chan:今日は昼から夕方までの軽めの現場で、ナンパものでした。外でナンパをしてカーセックスを一発して……という。

阿川:でもさー、8chanも忙しい時なんて1日に2、3現場とか行った時あるでしょ? 僕、最高で1ヶ月に74現場行ったことありますよ。5年くらい前は男優バブルでしたね」

8chan:ありましたね。皆さん1ヶ月に60現場くらいこなしてましたかね。

――スゴい。そうなるとプライベートでセックスする気なくなりませんか?

阿川:そんなことはありません。僕は20代の時はヒドかったな。日中に2現場こなして夜帰って朝までセックスして朝7時に行くとかもありましたね。

8chan:まあ、プライベートのセックスと現場での絡みはまったく別物ということですね。現場でのセックスはあくまでメーカーのプロデューサーや監督など、第三者の要望や意向に沿って絡みを組み立てますし、未だにそういったクライアントの方々に対する使命感や緊張感も伴いますしね。

 後編『AV男優が“禁断のアノ話”を暴露!女優との恋愛は?親バレは?』ではAV女優との恋愛は? 親バレは? 禁断トークを展開してもらいました!



<TEXT/カワイモモコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

カワイモモコ
1977年、東京都生まれ。ライター歴20年。ふだんは週刊誌でエロい記事を書いているが、最近はSEKAI NO OWARIをプチ追っかけ中。一方で昔から長渕剛も好きでこの夏はセカオワの日産スタジアムライブと長渕の富士山オールナイトライブをハシゴした。




あなたにおすすめ