Beauty

赤は魔法のモテ色!男性の目がくぎづけになる“真っ赤な小物”4選

『赤を身につけるとなぜもてるのか?』(邦訳2015年)という本が、去年話題になりました。著者は心理学者のタルマ・ローベル教授(テルアビブ大学)で、赤い服を着た女性に男性が惹きつけられることが実験でわかったそうです。

 また、「赤い服の女性とはセックスしたくなる」という結果が、2008年にロチェスター大学の実験でも明らかになっています。

赤いスカーフ でも、アラサー以上になると、真っ赤なワンピースなんかはスベりそうで怖い……。

 そこで、派手すぎず気軽に「赤い力」を取り入れることのできる、目を引く赤い小物をピックアップしました。バレンタインデーのご参考に!

シックな装いを赤いバッグで引き締める



 モノトーンやスモーキーカラーのシックな装いを引き締めてくれるのが赤いバッグ。普段のコーディネートやスポーティーな服装に取り入れることで、赤いバッグがポイントカラーになります。また、暗い色になりがちな寒い時期のファッションにも、赤い差し色が花を添える最適なアイテムです。

 流行のクラッチバッグなら、持ち方も女性らしい上品さを演出できますよね。下のZARAの赤いレザークラッチバックは、ネットでは売り切れですが、もし店頭で見つかったら買いですね。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=435022

ZARA 下は、日本未上陸のイギリスのブランド「ASOS(エイソス)」の並行輸入品で、レザーでもリーズナブルな値段です(税込10,480 円)。
http://item.rakuten.co.jp/fermart/ap-651911?s-id=sd_browsehist_search

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=435023

エイソス

赤いマフラーで顔付近にモテの魔法を



 赤いマフラーは、寒い時期には毎日でも使える優秀な小物です。ウールやカシミヤなどによって光沢や印象が変わります。柄もブランドによって多様なので、インパクトの強い赤を使って色々な印象を与えることができるでしょう。

「COACH」のシグネチャーCマフラーは赤でも上品。1万円台のアウトレット品を見つけたのですが、すでに売り切れでした…。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=434847

コーチ“困った時のユニクロ”なら、真っ赤なカシミアマフラーが4990円+税。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=434850

ユニクロカシミアマフラー

ユニクロ カシミアマフラー

 いずれにせよ、いろんなブランドでマフラー&ストール類を冬セール中なので、早めにゲットしたほうがよさそうです。

赤いアクセで上半身に視線を集める



 気軽に「赤の力」を取り入れることができるのが、赤いアクセサリーです。特におすすめなのが、上半身に視線を集める赤いネックレス。襟元が隠れてしまいがちな秋冬スタイルなら、ボリュームのあるビーズをたくさん使いロングのもの、特別な時や上品に見せたいならルビーをあしらったものなど、シーンによって選べますよね。

 下の写真「kate spade」のプレートネックレスは、エキゾチックな赤い色が際立つシンプルなデザインで、裏面には「PAINT THE TOWN RED」の刻印があります。ただ、日本では並行輸入品などをネットで探すしかなく、すぐ売り切れてしまうし見つけたらラッキー(下記サイトで6307円)。
http://www.fit-webshop.jp/itemNew/1-0-0-7-4/item7599502044.html

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=434982

ケイトスペード

赤リップでドキッとさせる



 女性らしく「赤の力」を一番取り入れやすいのが、赤リップです。ぼかすように付ければカジュアルに、クッキリと輪郭を描けばフォーマルに。たとえば「CHANEL」ルージュアリュールなら、#99ピラートが色鮮やかな発色で馴染みが良く、“赤い唇”に彼がクラクラ……。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=435043

シャネル 身に付けるだけでセクシー度を上げてくれる赤いアイテムは、デートやパーティでも大活躍。バレンタインデーには赤で勝負を決めましょう!

<TEXT/女子SPA!編集部>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。




あなたにおすすめ