Love

デートのお店選びがダサい男性にありがちな3つのパターン

 こんにちは、合コンのプロ・あやかです。  400回以上の合コン経験を持つ合コンのプロ・あやかが、とっておきの恋愛テクニックをご紹介するこの連載。突然ですが、みなさんは最近、新規の男性とデートしましたか?  男性と食事に行くとき、気になるのが、相手のお店選びのセンスです。  初めてのデートで落ち着いた雰囲気のいいお店に案内されれば、女性ならその気はなくても多少はクラっときてしまうもの。 お店選びのセンス 食事に行く約束をし、時間と場所を決めます。そのとき、どこのレストランもしくは居酒屋に行くかは大抵の場合、男性が決めます。女性のほうから「私、行きたいお店があるんだけど」と提案する行為は、ありがたいと思われる反面、雰囲気的に難しかったり、自己主張の強い女性と思われることもありますからね。

お店のチョイスがダサい男は私服もダサい!?

 しかし、届いたURLをクリックしたらチェーンの安居酒屋だったり、当日まで期待させておいて連れていかれたお店が、あまりにもダサくて幻滅してしまったりと、そういう経験、誰でもありますよね?  何でこんなにスペックが良いのに、素敵なお店を知らないの!? いくら他の要素がパーフェクトでも毎回、毎回、お店のチョイスが微妙だと、その後お付き合いに発展させてよいか悩んでしまいます。「この人とセンスが合わないのかしら?」とか「私服もきっとダサいんだろうなー」など、ネガティブな想像が連鎖してしまいます。  そこで、今回はお店選びのセンスがない男性の見分け方をお教えします。 1.お酒が飲めない  こういうタイプの男性は定食屋のヘヴィーユーザーです。お食事はお料理とお酒のマリアージュで楽しむということを知りません。ですから、食事が美味しければオッケー! 以上! という食事完結型です。だいたい連れて行かれるのは、わかりやすい焼肉屋、商業施設に入っているレストラン、中の上のチェーン居酒屋だったりします。  また、あやかはまったくお酒が飲めない経営者を知りません。あえて断言しますが、できる男は酒が飲める! 付き合いでがんばって一杯だけでも飲めればいいんです。一滴も飲めないという男性は、取り引き先との接待や仕事後の付き合いができず出世しにくいのです。 2.お給料が安い  元も子もない話ですが、収入が低い男性はそもそも良い店に行き慣れていないため、お店選びもヘタです。世間にはそこそこの値段でもおいしいレストランが山ほどありますが、まずは良いお店を知ったうえでないと、その判断ができません。ネットでお店を探そうとしてもそもそもの設定予算が低いので、良いレストランに引っかからず、良い物、良い女には縁がないのが、このタイプです。 3.一途な性格  一途な性格なら悪くないと思ってしまいますが、一途な男性はレストランに対しても一途です。一度「ココ!」と決めたら、ずーっと通い続けるので、新しいお店を開拓しません。このタイプは初デートで行くお店を最初から決めていることが多いです。もちろん、それで素敵なお店に当たる可能性がないわけではありませんが、TPOによって使い分ける柔軟さや新規開拓の好奇心に欠けているため、場違いなチョイスになることがほとんどです。  とはいえ、自分は飲めないけど酒好きの友達がいたり、三流企業勤務だけど実はそこのボンボンで次期社長候補だったりと、素敵なお店を知っているという例外もあります。なので、男性からのお誘いがあったら一度は乗ってみることをオススメします。何か新しい発見があるかもしれませんからね。  新しい出会いは、明日の希望! <TEXT/合コンのプロ・あやか>
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ