Love

仕事帰りの飲み屋通いは、妻になってもOKか?

相変わらず婚活ブームが続いているが、結婚ってしなくちゃいけないの?そんなにいいもの?夫婦100組のアンケートと8組への取材で、その満足度と、幸せになる結婚の条件を探ってみた。

妻の酒癖の悪さに手を焼きます



●将人さん(仮名・33歳・アパレル)の証言

 将人さんは、同い年の妻・未来さんと6年の交際を経て、3年前に結婚。気心の知れた仲良し夫婦と思いきや、将人さんは未来さんの酒癖の悪さに辟易している。「妻はとにかく酒好き。平均週1回、多いときは週3回飲みに行きます。それだけならまだしも、酒癖が最悪!

 酔って記憶をなくすのは日常茶飯事。まともに歩けなくなって、車道の真ん中をフラフラ歩いたり……。危なっかしくて見ていられませんよ。最近では、酔った勢いで変な男についていくんじゃないかと不安が高じて、妻が浮気をしている夢をよく見ます(苦笑)。また、終電を逃すと、タクシーで2万近くかけて帰ってくるので、貯金ゼロですよ。早く子供が欲しいんですけどね」

 将人さんの月収は手取り31万円。未来さんは19万円。家賃7万円を差し引いても、貯金に回す余裕はあるはず。しかし、これには妻の言い分が。「夫の一日2回のコンビニ通いをやめれば、お金は貯まると思うんです。大体、夫はお金や将来設計に対していい加減!

 家財や車も、うちの親に買ってもらって経済的に甘えているくせに『やっぱ一軒家がいい』やら『子供が欲しい』だの夢を語る。子供が生まれて私が働けなくなったら、生活できなくなるじゃないですか!?

 すぐ『何とかなる』って言うけど、その考えは甘えです!」ウーロンハイを飲みながら熱弁する妻に、夫だけでなく取材陣までもが“飲み代を控えたほうが……”と、心の中でツッコんだ。

 とはいえ、夫も妻も結婚満足度は80点以上で、ラブラブといってもいい状態。推測するに、6年もつきあってお互い本性がわかったうえで結婚したからでは? 酒飲み女子には嬉しいことに、夫次第で「飲酒と結婚」は両立するようだ。

★夫の結婚満足度 85点
★妻の結婚満足度 89点

― 結婚生活[リアル満足度]白書【8】 ―




あなたにおすすめ