♂&♀

男がハマるのは、美人でも名器でもない!

花房観音×森林原人のブス談義 Vol.4】

 昨年、世間を騒がせたあの婚活連続詐欺事件の女性をモデルにした小説『黄泉醜女』を上梓した作家・花房観音さんと、AVウォッチャーでもある花房さんがイチオシだという、女子SPA!でもおなじみのAV男優・森林原人さん。

花房観音さん(左)と森林原人さん

花房観音さん(左)と森林原人さん

 美醜について持論のあるお二人に、ブスの魅力について語っていただく本連載、最終回のテーマは美醜を超えて人を惹きつけるものについてです。

 まずは、前回の「自己評価の低い女性のほうが、セックスに深みが出る」という話の続きから。

アソコを自慢する男のHはダメ



花房:でもそれって、たぶん男も一緒ですよね。撮影現場で見たことがあるので知っていますが、森さんのは結構でかいですけど、私の知る限りじゃ、「チンコでかい自慢をする男はセックスがよくない」というのがあって。セックスの最中に「俺のでかいからいいだろう?」ってわざわざ口に出す男は、行為そのものが雑なんです。でかいチンコさえあれば女が喜ぶっていう勘違いと傲慢さがちょっと鼻につく。

 女性も男も、性器にコンプレックス持ってる人のほうが、愛撫とかクンニリングスとかていねいで研究してるな、と思うんですよ。

森林原人さん森林:それ、わかります。業界一バイブ使いがうまいって言われてるターザン八木さんっていうハメ撮り監督がいるんですが、バイブなんてやり方は一緒だから、何が違うんだかわかんないですよ。でも、女のコはターザンさんにバイブを使われると満足してるんです。

「何がコツなんですか?」ってターザンさんに聞いたら、「俺のチ●ポが勃たないことだよ」って。勃たないから、うまくなろうって努力するんですね。

「勃つうちは、最終的には仕上げはチ●ポだって思うだろ。ただ、バイブが前戯代わりになってるうちは、バイブをうまく使えない」って哲学的なことを言われて(笑)。その境地に達するには、まだまだだなあって思いましたね。

花房:確かにそうですね。

次のページ 
「やらせてください」の精神

1
2
3
4
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。

黄泉醜女

婚活連続殺人事件で死刑判決を受けた「さくら」は、稀代の醜女として世の注目を浴びた。 そんなさくらはなぜ男たちに「女神」と崇められ、求められたのか? 「女は所詮、皮一枚」――女の嫉妬と渇望を描く名手、作家・花房観音の入魂作!




あなたにおすすめ