♂&♀
Love

不倫はイヤだったのに!ナースをダマした男のワナ

 病気やケガで苦しむ人を的確な処置と優しい笑顔で癒してくれるナース。白衣の天使として男性から憧れのまなざしを向けられることも多い彼女たちは、職場である病院で男性患者から声をかけられることも少なくないといいます。

 とはいえそこは、人の命を預かる神聖な場所。アプローチに取り合うことはありません。しかし、もしそこで運命とも思える出会いをしてしまったら……。

元カレにそっくりな入院患者との出会い



ナース 総合病院に勤めるサナエさん(仮名・36歳)は、内科を担当するナース。やすらぎを与えてくれる和やかな口調と柔らかな笑顔が印象的な女性です。患者さんとの恋愛トラブルは無縁の世界。そう思っていたサナエさんの下に、ある日ひとりの入院患者が。

「個室に入院されたササキさんは40代で、私の担当でした。机の上に積み上げたたくさんの資料を難しい顔で眺めていたり、携帯電話の使えるエリアで頻繁に見かけたりしていたので、かなり仕事の忙しい人だということはすぐにわかりました。

 でも、体調を崩して入院しているのですから、体を休めてもらわなくては困ります。何度かお声掛けしたのですが、笑顔で『大丈夫だよ』と言うだけで一向に変わりませんでした」

 体を気遣いながら働きすぎないように声をかけるサナエさん。その優しさがササキさんにとって癒しとなったのか、仕事の頻度は減らないものの、会話をする機会は増えたといいます。

「ササキさんには毎日お見舞いにこられる女性の方がいて、洗濯物など持ち帰っていらしたので奥様だと思っていました。でも、ササキさんが『秘書だよ』って。『結婚はしていない』とおっしゃいました」

 そんな言葉ひとつひとつに、心が激しく反応してしまったというサナエさん。なぜなら、ササキさんの容姿はサナエさんがかつて一途に愛した男性とそっくりだったのです。

もう不倫はしないと決めたはずが…



 3年前までサナエさんが付き合っていた男性には妻子があり、最終的にはサナエさんが身を引くことでその恋は終わりました。そんなとき目の前に現れたササキさん。そっくりな容姿に、胸の高鳴りを抑えることはできなかったといいます。

 そんなサナエさんの気持ちを察したのか、はたまた彼も気に入ったのか、退院のときに「食事に行こう」と誘われたそうです。その後何度か食事を重ね、いつしか付き合うことに。

「あまりに似すぎて元彼なのかササキさんなのか自分の中で混同してしまうこともあったけれど(笑)、今度は独身の彼。正々堂々と付き合えるのがすごくうれしかったです」

 ところが、思いもよらなかった事実が判明したのです。

次のページ 
サプライズの誕生日祝いで発覚した真実

1
2




あなたにおすすめ