Love

結婚相談所にはクズ男もいる!バリキャリ女子が捕まえたIT起業家の本性

妊娠で見えたエリート婚約者の本性

 仕事一辺倒だった生活からは想像もできなかった、年収1000万円以上の彼との幸せいっぱいの毎日。「この選択は間違っていなかった」と確信したそうです。そんなある日、生理が遅れていることに気づきます。 「できたんだ! って、とにかく嬉しさでいっぱいでした。年齢的にあきらめていたのもあるし、『これで彼と結婚できる』という思いもあって、すぐ彼に伝えました」  チカコさんを抱きしめて喜んでくれた彼。しかし直後に、思いもよらない言葉を口にしたそうです。 「今日、仕事でマズいことが起きて、明日からしばらく帰れなくなるって。こんなタイミングで本当に申し訳ないけど、倒産がかかった状態だからしばらく待ってほしいって……」  その言葉通り、翌日から彼はチカコさんの家に顔を出さなくなりました。ポツポツと来ていた連絡も、1週間経たないうちに音信不通に。相当危険な状態なのかと気をもんでいたチカコさんですが、そんな状態が数か月も続いて、ふと我に返ったとのこと。 「考えてみれば、同棲中に彼から家賃や生活費、交際費など、お金は一切もらってなかったんですよ。結婚だってちゃんと言葉で言われてもいない。念のため結婚相談所に問い合わせてみたところ、彼は数か月前に20代の女性と結婚が決まって退会していました。  その時期は同棲真っただ中。私のような結婚に焦っているアラフォーでそこそこお金を持っている女性を遊びと金づるに利用していたんですね」  仕事一筋で男を見る目を養ってこなかった自身への手痛い勉強料だったと、前向きに捉えたというチカコさん。 「実はね、彼に報告した2日後に、普通に生理が来たんですよ。ただ遅れていただけ(笑)。そのときはショックだったけれど、今思えばその勘違いがきっかけで彼の本性を見破れたから、運がよかったんだと思います」  次こそは幸せな結婚相手を見つけるべく、今は大勢の男性と交流を図って男を見る目を養っている真っ最中だそうです。 <TEXT/千葉こころ PHOTO/Daniel Sroga> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ