Lifestyle

私、27歳。突然ガン宣告を受けました

たもちん恋愛ニュース25
― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

たもちん,子宮頸癌

たもちん

 最近、少し様子がおかしいけど、まあいいか。その程度にしか思ってなかった。何がおかしかったかって言うと、女性にしかわからない悩み……オリモノと臭いが最近、変な感じがすることがあったんです。

 でも、本当にちょっとした変化だし、まさか友達に「ねぇ、私のパンツ見てくれない?」なんて言えるはずもない。ちなみに、たまに性病検査はしているので、性病の疑いはまったくありませんでした(笑)。

 だから、放置。どうせすぐ治るだろうと……

 しかし、一向に治らない。なんなんだよ、気持ち悪いな! って半ばキレ気味で病院に行くことを決意した。

たも「先生、私、最近なんだか様子がおかしくて」

先生「では、診てみましょう」

たも「何かしらの病気でしょうか?」

先生「診た感じは何ともなさそうだけどね」

たも「あっ、ついでに子宮頸癌の検査もお願いしま~す!」

 大人になってから年1ぐらいでしていた子宮頸ガンの検査を1年半以上忘れていたので、ついでにしてもらうことにしました。

ついでにやってもらった子宮頸ガンの検診で……



 1週間後、結果が出たんだけど、予約していた日がとんでもない台風だったので、結局その2日後とかに行ったんだよね、たしか。

 そうしたら、先生がスゴいオロオロした顔していて、「いつ来るのか、いつ来るのかって心配していたのよ」なんて言い出した。こっちも何事だって思いますよね。とんでもない性病なんじゃあ……なんて心配し出したところで先生が「性病はありませんでしたよ」ってひと言。安心したのもつかの間、

「問題はこっちです」と子宮頸ガンの検査結果を出してきた。子宮頸ガンって、レベルが1から5まであるんですけど、私の結果は4。先生が言うには「早期ガン」らしい。

 性病に怯えていたのに、突然「ガンです」なんて言われたら、どうなると思いますか?

 私は号泣しました。だってガンですよ。まさか27歳の自分がガンを宣告されるなんて夢にも思いませんでした。あまりにもギャーギャー泣いているから先生もスゴく迷惑だったでしょうね。

「大丈夫よ! 死ぬわけじゃないんだから! 脅かしてごめんなさいね!」

 先生も子供をあやすかのように慰めてくれました。その後、冷静を取り戻して先生の説明を聞きました。どうやら私の場合、まだ初期なので、死ぬわけでもなければ、子宮を全摘するわけでもなく、円錐切除術という方法で膣の中にメスを入れて子宮頸部を切り取るという手術をするらしいです。想像したら痛そうでまた泣きました(しつこい)。

泣きながら、なぜかスタバに入った



「とにかく、まずは今回の検査よりさらに精密な検査をしましょう!」と言われ、後日大きな病院へ行くことになりました。

 もちろん、この日は帰り道も号泣しながら帰って、なぜか途中で泣いているくせにスタバを飲みたくなって泣きながら、スタバ入ったら店内にいたお客さんに不審者だと思われたり、とにかく頭の中は真っ白。思考停止状態でした。

 家に引きこもろうと思ったんだけど、私、夜は飲み屋(バー)をやっているので、引きこもるわけにもいかず、気持ちを切り替えてお店に行きました。

 気持ちを切り替えたつもりでいたんですが、遊びにきてくれたお友達やお客さんに今日の出来事を話しているうちに、また号泣してしまいました。(ホントしつこい)

 そんな様子だから、周りまで慌て出して「お前は絶対に死なないから大丈夫だよ!」って励ましてくれたんだけど、逆に「死ぬのかな?」なんて錯覚に陥ったり、よくわからない夜でした。でも、一緒にいたみんながいい病院を紹介してくれるだの、もし入院することになったら今まであんたにお世話になった男全員にお見舞い来させる手配するから!! とか、励ましてくれて嬉しかった。

※「私、27歳。ガン宣告を受けて初めて気づいたこと」に続く

<TEXT/たもちん>

★たもちんへの質問大募集!★
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ⇒https://joshi-spa.jp/inquiry
※件名には「たもちん恋愛ニュース」と記載してください。なお、いただいたご質問は、当連載にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。ブログ「たもの人生エラーだらけ…

たもちん
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。ブログ「たもの人生エラーだらけ…
女子モンダイ

すべての女子が抱えるモンダイ定義がココにある!!




あなたにおすすめ