Love

初恋の人とイタリアで再会…甘~い復縁劇は本当にある

 昔付き合っていた人をフェイスブックなどSNSで見つけて、連絡を取って、気づいたら復縁……そんなケースが増えている。「会わなきゃよかった」と幻滅する人もいる一方で、”今でも忘れられない人”とロマンティックな復縁を果たす人もいる。体験者に聞いてみた。

フェイスブックで「友達候補」に初恋の人が……



<森田 仁さん(仮名・35歳・既婚)の証言>

 忘られられない思い出の人と、異国の地で再会する――。森田さんが経験した再会はあまりにドラマチックだ。

「相手は中学3年生のとき、生まれて初めて交際した女性でした。でも、彼女とは高校進学で別々になって、自然消滅してしまったんです。その後も女性と交際するときは、どこかその彼女と似ている人を探してましたね」

 ところがある日、森田さんはフェイスブック上で彼女の名前を目にする。友達候補の欄に、彼女の名前が突如浮上したのだ。

「中学時代の同級生の結婚式があって、彼らとフェイスブックで繋がった結果だと思います。彼女との共通の友達ができて、それで浮上したのかと。

 プロフィールを見ると現在、イタリアに住んでいることが判明。一瞬、気を失いそうになるほど驚きました。というのも、貿易関係の仕事をしてるんですが、ちょうど昨年から毎月イタリア出張に行くようになっていたので。

 『これぞ運命だ』と確信し、祈るような気持ちで友達申請を送りました」

 承認メッセージが届いたのは、それから3日後のことだった。

「イタリアでは日本人の友達がほとんどいないらしくて、僕が連絡するだけですごく喜んでくれました。そして翌月、ついにローマで会うことになって……。その晩、ホテルで結ばれました。今ではすっかりイタリア妻です。キスしたくてもできなかった20年前の自分に教えてあげたいですね」

 世界を繋ぐSNSは、映画のような恋物語を現実に生み落としているようだ。

<PHOTO/Jaysi>
― SNSで復活愛が急増中【7】 ―




あなたにおすすめ