Entertainment

太りゆく北乃きいの脱力感が、『ZIP!』視聴率トップを支えている

「役立たずの木」の教えとは

 それでも、北乃きいは身をもって大切な教えを説いてくれているのです。  古代中国の思想家・荘子の話に、“役立たずの木”というのがあります。  大工の棟梁がある土地で見かけた、巨大な神木。舟が作れるほどの立派な枝も何十本と張り出ている。しかし、棟梁は見向きもせず通り過ぎてしまったというのです。  当然、弟子は不思議に思い、こう訊ねます。 「こんな立派な材木は見たことありません。なのに、どうして師匠はスルーしてしまうんですか?」  すると、棟梁はこう言い放ったのです。 「やめろ。つまらないことを言うでない。あれは役たたずの木だ。あれで舟を作ると沈むし、棺桶を作るとじきに腐るし、道具を作るとすぐに壊れるし、門や戸にすると樹脂が流れ出すし、柱にすると虫がわく。まったく使い道のない木だよ。 まったく使いようがないからこそ、あんな大木になるまで長生きができたのだ。」 (『荘子 内篇』金谷治・訳註、岩波文庫)  そうして、“人の役に立つとりえがあることは、自分から世俗に打ちのめされてるのと一緒だ”と、弟子たちを諭すのでした。  日々おおらかに丸みを帯びていく北乃きいの姿に、悠然たる無用の大木を重ね合わせてしまう、そんな朝です。   北乃きい / サクラサク 2016 feat. 童子-T <TEXT/沢渡風太>
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ