Gourmet
Lifestyle

人気の「味噌づくり」は楽し~い!生麹で美と健康を

「ぬかどこ」に「カスピ海ヨーグルト」等々、いわゆる『育てる系』の食品を趣味にしている人って、けっこう多いのでは?

「確かに、彼氏や旦那を育てるよりはラクだよね」「おまけに、美と健康っていう見返りもあるじゃん」

 私・森と相棒・尾山も以前から自分で作れる発酵食品には興味津々。

味噌

味噌づくりを習ってみた。味噌って奥深い!



 というわけで、今回挑戦したのがこちら。

どうせやるなら本物の味噌づくり。
東京23区唯一の味噌蔵 糀屋三郎右衛門七代目が教える旨い味噌づくり


主催/醸(かもし)カフェ(東京・杉並区西荻窪)
味噌蔵「糀屋三郎右衛門」は東京・練馬区中村

醸カフェ

醸カフェ https://www.facebook.com/kamoshi.cafe/

 長いタイトルだし、なんだか難しそう、なんて躊躇しましたが、こちらの講座は大人気。

 材料は七代目の辻田雅寛氏が吟味したものが用意され、味噌のうんちくなどもおもしろおかしく聞かせてくれます。親子参加もOK。

 和気あいあいとした雰囲気の中、いよいよ味噌づくりスタートです。

 面倒くさい……いえ、素人にはできない行程は醸カフェと辻田氏がやってくださるので、私達がやることは…。

1. 塩切麹をつくる
2. 大豆をつぶす
3. 塩切麹と大豆を混ぜる
4. 仕込み容器に詰める

 ざっとこんな感じです。簡単ですね。

生麹と大豆から味噌を育てる楽しみ



 麹とは、蒸した米や麦などの穀物にカビの一種である麹カビの種をまき増殖させたもの。今回は米麹を使います。

 まず、板に貼りついた生麹を木べらで剥がす作業から。初めて見た生麹は、雪みたいに純白でさらさら、ふわふわ。食べてみると、ほんのり甘い。これがカビだなんて、信じられない。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=521172

生麹 樽に入れた生麹を手でほぐし、塩と混ぜたら別容器に移します。この時点で手がもっちりしてくるのです。麹の美容効果って、すごい。
生麹2

生麹

 煮あがってビニールに入った大豆は、湯たんぽみたいな温かさ。これを手でつぶしていくのですが…。

煮大豆

煮大豆(写真はイメージです)

 素朴な顔して、なかなか手強い。かなりの筋トレで、二の腕は確実に細くなるだろうってくらいきついんですよ。腰とか丹田とかも鍛えられるんじゃないかってくらい、力を要するのです。

 ここで手を抜いたら、私の味噌だけ納豆か味噌ピーナツみたいになるよね、ってことで頑張りました。

 大豆がペースト状になったら、今度は擂粉木で練っていきます。ある程度練ったら、水を加えてさらに練る。ひたすら練るべし、練るべし。温度が下がったら、塩切麹と混ぜ合わせます。

次のページ 
「手づくり味噌キット」もいろいろ売ってます

1
2
幸福なハダカ

その男は、女たちの心も身体もハダカにする―病のため6歳の頃の体型のまま大人になった俳優の朔也。彼は「誰にも見せない」という約束で、女性のヌードを撮影している。20代のフリーター、40代の介護士、そして30代の対照的な主婦二人…年齢も容姿もバラバラの女たちは、なぜ彼にすべてを見せたのか?心を閉ざした女たちが再び人生を取り戻す姿を鮮やかに描く、日常と格闘するすべての人たちへの応援歌。




あなたにおすすめ