Beauty

腰痛持ちにおすすめ、「おそ松」イヤミの「シェー」体操

すべての基本は「呼吸法」

 ここでポイントとなるのが呼吸法。  鼻で吸って、口から吐くのが基本。ゆっくりと呼吸をすることで動作も自然とゆったりしてきます。  イメージとしては、鼻からじょじょに吸い込み、下腹までため、いったん止める。唇ををすぼめて糸を出すように細く息を吐いていく。  とかく現代人は呼吸が早くなりがち。こういった体操を取り入れて、呼吸を見直してみるのも良さそう。  ゆっくりゆったりしちゃったら、ダイエットにはならないんじゃない?と心配される方もいるでしょう。  しかし穏やかな呼吸が自律神経を整え、代謝が正常になっていくのも事実。ゆえにストレスが解消され、暴飲暴食に走らなくなるという図式なんですね。  ジム通いもいいけれど、お金も時間ももったいないわ、という方。節約できるし、ラクチンだし、騙されたと思って一度体感してみることをオススメします。 <TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 もりおやま http://morioyama.com/ ●森美樹:1970年生まれ。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。最新刊『幸福なハダカ』(同)が発売に https://twitter.com/morimikixxx ●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食ダイエット』(泰文堂)
1
2
揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る

「揉まない、押さない、引っ張らない」を合言葉に、なんと10秒で辛かった肩こりが消えるとういう、この動きは「さとう式」と呼ばれ、今マスコミからも大きな注目を受けている。
本書は、一瞬で小顔になるという「耳たぶ回し」考案者である著者初の一冊になる。肩こりを治す「さとう式」に加え、体を不調を治す最新のメソッドを掲載。


幸福なハダカ

その男は、女たちの心も身体もハダカにする―病のため6歳の頃の体型のまま大人になった俳優の朔也。彼は「誰にも見せない」という約束で、女性のヌードを撮影している。20代のフリーター、40代の介護士、そして30代の対照的な主婦二人…年齢も容姿もバラバラの女たちは、なぜ彼にすべてを見せたのか?心を閉ざした女たちが再び人生を取り戻す姿を鮮やかに描く、日常と格闘するすべての人たちへの応援歌。




あなたにおすすめ