Lifestyle

乳がんを見つけにくい胸がある!アジア女性に多い「デンスブレスト」って?

乳がん特集 Vol.1 デンスブレスト】

 先月、小林麻央さん(33歳)が進行性乳がんを患っているという衝撃的なニュースが飛び込んできましたが、この一報をきっかけに乳がん検診への関心を強めた30代女性は多いのではないでしょうか。

『to you―小林麻央DVD付き写真集』

『to you―小林麻央DVD付き写真集』

 でも、マンモグラフィなどの検診で“乳がんが見つけにくい胸”が存在する、という衝撃的な事実をご存じですか?

腫瘍を隠す「デンスブレスト」



「実は女性の中には乳がんが見つけにくい胸、『デンスブレスト』の方が多く存在します。デンスブレストの場合、マンモグラフィで検診を行っても異常を発見するのが難しい場合があるんです」(東京クリニック・志賀千鶴子先生、以下同)

 志賀先生によると、デンスブレストとは『高濃度乳腺』の胸を指すそうです。つまり乳房内の脂肪が少なく、乳腺の量が多い胸のこと。通常マンモグラフィの画像では、乳房内の脂肪部分は黒く、乳腺部分は白く分かれて写ります。ですが実際にデンスブレストの画像を見せてもらったところ、胸の内部がほぼ真っ白に写っていました。

 重要なのは、乳腺同様、腫瘍や石灰などの異常個所も白く写るという点です。つまりデンスブレストの場合、異常が乳腺に隠れて見逃されてしまう危険性が高いというわけです。なんと、アジア系の女性は50歳未満の8割近くがデンスブレストだとする調査も。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=548051

アジア系の女性は50歳未満では8割近くがデンスブレスト!

アジア系の女性は50歳未満では8割近くがデンスブレスト!/画像提供:メットライフ生命

 具体的には、どのような女性がデンスブレストになりやすいのでしょうか。

胸の大きさや年齢から判別するのも難しいですね。小さな胸は脂肪が少ないためデンスレストになりやすいですし、反対に胸が大きく、そもそもの乳腺量が多い女性もデンスブレストになる場合があります。年齢でいえば、若いうちのほうが乳腺量は多い傾向にありますが、40代以降でも乳腺量が高い女性もいます」

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=547778

加齢による乳腺の変化

加齢による乳腺の変化を示す画像。若いほど乳腺が発達しているため、右端のように白い部分が多くなる/画像提供:東京クリニック 乳腺外科


次のページ 
画像判別不可能が“異常なし”の診断に…

1
2
3




あなたにおすすめ