♂&♀

IT幹部は性病が多いの!?うつされたキラキラ女子たちの報告

 こんにちは! 300回以上の合コン経験を持つ、合コンのプロ・あやかが、とっておきの恋愛テクニックをご紹介するこの連載。

 暑さも本格的になってきましたが、みなさんは夏バテや風邪などひいていないですか?

 病気って怖いですよね~。普通に生活していると、何も感じないものですが、風邪をひいたりすると、「健康が一番だな」と、しみじみ実感するものです。

 突然ですが、性病も同じです! 他人事と思っているかもしれませんが、いつ性病を持ってる男にひっかかるかなんて分からないですよ!

性病

写真はイメージです

 あやかのお友達でも何人か性病にかかったことがあるという女子がいました。同じ男に2度もうつされた、なんてコもいます。

 病気って、発症している状態じゃないと見分けがつきにくいんですって。潜伏期間や治りかけで、ほぼ症状が見られない時期にもうつるらしいので常に細心の注意を払いたいものです。

 今回は性病を未然に防ぐために、あやかの周りではこんな男から病気をもらったという事例をご紹介したいと思います。あ、当然ですが、登場人物の名前はいずれも仮名です!

性病をうつされた女性3人のケースと相手



◆ミクの場合(相手:22時集合の男)

(性病をうつされたのは)いきなりではないですよ、仲良くなってからの話です。最初のデートでは20時とか普通の時間に待ち合わせして、食事してから……だったのに、何度かデートを重ねるにうち、食事を省かれ、体の関係だけを求められることになったそうです。

 彼女は相手の男性のことが好きだったので、仕方なくそれに応じていましたが、ある日、身体の異変に気づいたそうです。好きな男性から病気をうつされるなんて、それ以上、最悪な状況があるでしょうか? 当然、それから、しばらくの間は恐くなって会うのをやめたそうです。

 しかし、再び会うようになり、体の関係になると、また異変があったそうです。これが同じ男に2度うつされたパターン。彼はIT企業の経営者で相当モテてやり手だったようです。45歳になった今でも落ち着いていないようで、結婚もしていません。

次のページ 
クラウド系企業の取締役からも…

1
2
あなたにおすすめ