Job&Money

共働きの小遣い事情は?夫5万、妻20万の驚愕例も

明治安田生命保険の調査によると、夫の小遣いの平均は月3万5347円(20~50代男性524人に調査、2013年11月20日発表)。よそのお宅では夫の小遣いをどうしてる? 夫側の声を取材してみました。

平均額は男女トントンだけれど……



 共働きの場合、夫婦の小遣いをどうするかは悩ましいところ。みずほ銀行が、25~49歳の共働き世帯の男女に調査したところ、 1 ヵ月の平均小遣い額は男性 4.9 万円、女性 4.6 万円だった(1都3県の516名、パート・アルバイト除く。2013年5月)。回答者同士が夫婦なわけではないけれど、まぁ男女トントンといったところ。

 ところが、周囲の共働きの夫に聞くと、「収入の比率から考えて、明らかにオレのほうがたくさん家計にお金を出している」という不満を時々聞く。たとえば、家賃や光熱費は夫・それ以外は妻、といった取り決めをした結果、「妻のほうが小遣いが多い」というのだ。

 妻からすると、「セコいこと言うな! 女が働くと洋服やコスメにもお金がかかるし、家事は私のほうが多くやってるんだから当たり前」という声も。また「子供ができたら辞めるか休むかするのだから、今のうちにヘソクリをしておきたい」という妻もいる。

 なかには、こんな極端な実例もあった!

 竹本純さん(仮名・36歳)は、月収約30万円で小遣いは月5万円。ファッション雑誌の編集部で働く奥さんの小遣いは「月額20万円以上」なのだとか。

「彼女が家計に入れる金額は、たったの5万円。それ以外はすべて彼女のお小遣いになります。不公平だとは思いますが、『ファッション雑誌の編集者がユニクロの服を着てていいの?』と言われると、何も言い返せません(笑)」

純さんの「月5万円」も数字だけを見ると恵まれているほうだが、その使い道を聞くと痛い現実が見えてくる。

「小遣いの大半は嫁へのプレゼント代に充てています。というのも、夫婦で決めた記念日が月平均で3回あるんです。先月も“結婚パーティ記念日”“新婚旅行記念日”“はじめて結婚の話をした記念日”を祝いました。そのたびにケーキや小物なんかをプレゼントしています」

 プレゼントの平均額は5000円。月1万5000円程度が妻へのプレゼント代として消えていく計算になる。

「そういう意味では実質的な小遣いは3万5000円。そこから昼飯代や飲み代を払うと9000円程度のお金しか残りません。その9000円も嫁とのデート代に消えていきます(笑)。

特にクリスマスともなると、プレゼント+ディナー代で10万円以上の出費は確実ですからね。毎年、消費者金融のお世話になります(苦笑)」

 愛妻家というか恐妻家というか……。

 最近ではアンティークの手鏡(8000円)と有名店のケーキ(4000円)をプレゼントしたそうだ。世のダンナさま方に、爪の垢でも煎じて飲ませたい!

<竹本さんの小遣い収支表>
小遣い額5万円
昼食代1万4000円
飲み代1万2000円
プレゼント1万5000円
雑費(主に奥さんとのデート代)9000円

<PHOTO/Raisa Kanareva>
― よその家庭は?夫の小遣い事情【8】 ー




あなたにおすすめ