Lifestyle

「美」と「縁結び」にご利益!コノハナサクヤビメの神社に行ってきた

 こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。

 先日、岡山に仕事に行きまして、ついでに観光しようといろいろ調べておりました。すると倉敷市に「美」「安産」「災難避け」「機織り」「縁結び」に効果のある神社があるというではないですか。

 女子垂涎の神社は、「木華佐久耶比咩神社(このはなさくやひめじんじゃ)」。日本神話に登場するコノハナノサクヤビメがご祭神です。

木華佐久耶比咩神社

木華佐久耶比咩神社

 機織りはともかく、「美」と「縁結び」にご利益があると聞いたら、行かないわけにはいきません! パワースポットは数あるものの、「美の増進」に御利益がある場所は多くはないのでは。

美人な妹とブスな姉の神話



 さてご神祭のコノハナノサクヤビメは、大変美しい女性だと言われています。ニニギノミコト(天照大神の孫)に一目惚れされ、求婚されます。それを喜んだコノハナノサクヤビメの父・オオヤマツミは、コノハナノサクヤビメと、姉のイワナガヒメを一緒にニニギノミコトに差し出します。

 しかしニニギノミコトは、醜いイワナガヒメを送り返してしまうのです。まあ確かに、頼んでもいない女性までくっついてきたのだから「イラネ」なのかもしれませんが、それに怒ったオオヤマツミは、「イワナガヒメと結婚すればニニギノミコトの命は岩のように長くなり、コノハナノサクヤビメと結婚すれば木の花のように繁栄するだろうと誓約を立てた」と言いだしたそうな。

 イワナガヒメを妻にしなかったニニギノミコトとその子孫は、以来寿命が短くなってしまったとか。そういう大事なことは最初に言っておこうよオオヤマツミさま。そして結婚初日に身ごもったコノハナノサクヤビメは、ニニギノミコトに浮気を疑われたため、「彼の子なら無事に産まれるはず」と言って産屋に火を放って子どもを産んだそうな。

 この話からは分かることは、ニニギノミコトがクソ野郎だったってことですね。

 余談ですがコノハナノサクヤビメといえば、山岸凉子先生の『木花佐久夜毘売』を思い出します。優秀な姉に比較されながら育った妹。姉妹のコンプレックスを描いた作品です。

『甕のぞきの色』

『木花佐久夜毘売』が収録されている『甕のぞきの色』

 というわけでコノハナノサクヤビメは、女性らしさを象徴するような事柄にご利益があるのですね。

次のページ 
さっそく美のご利益が!?

1
2




あなたにおすすめ