♂&♀

乳首の色、毛の処理…男性はどのぐらいキレイな体を求めるんですか?【性活相談】

AV男優・森林原人の性活相談 第59回】

経験人数8,000人、発射回数10,000発以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。


AV女優みたいに完璧にしなきゃいけないの?



AV相談者:匿名・37歳

 いくつになっても、体のパーツに不安があります。

 少し垂れてきた小さなおっぱい、くすんできた乳首、ビラの気になるアソコ、完璧に毛の処理をしていないアソコとアナル……。この歳になってますます自分の体に自信が無くなっています。恥ずかしいです。そう思いながらするセックスは、やっぱり心からのめり込めません。

 以前付き合っていた男性に「やっぱりAV女優の体は違うし、AV女優はすごい」と言われました。努力はしてはいますが、そこまで完璧にしなきゃいけないの? と不安になります。

 私は男性のアソコについて特に思うことはありません。目の前にあるものを受け止めるだけです。男性はそんなに女性のパーツを気にするものなのでしょうか?

 森林さんはお仕事で、数えきれないほどのキレイな体の女優さんとセックスされてます。やっぱり嬉しいですか?

森林の回答



 確かに、今現在活躍しているAV女優さん達って、もの凄いハイスペックな方たちばかりです。一昔前まではAVに出てくれる女性が少なかったので、若ければいいとか、デブでも巨乳ならいいとか、ハードなプレイが出来ればいい、といった一条件だけ満たしていればAV女優としての仕事がありました。

 ですが、AV女優さんがメジャーになり、数が増えていくと供給過多で競争は激化し、さらに、AV業界もマーケティング重視になってきて、売れる女優さん、確実に売れそうな女優さんのみに仕事が集中するようになりました。ちょっと可愛いだけでは埋もれちゃうし、努力とかやる気、エロさがあっても、AV女優として一線で輝くことはできないのが現状です。

 ほんの一握りしかなれないトップクラスの女優さんになるには、モデル体型とは違う意味でのスタイルの良さが必須で、いわゆる抱き心地のよさそうな体でなければなりません。それは努力して手に入るというより、持って生まれたところが大きいです。AV女優には、選ばれし者しかなれないのです

男は自分のハーレムがあると錯覚している



 そんな選ばれしセックスシンボル達を、世の男どもが、一方的に評価し、好き勝手に消費します。「乳がもう少しデカければいいんだけどな」「ブスだけど尻がいいからバックの画の時だけ抜いてやる」「使い過ぎて飽きた」――どれだけ上から目線なんだよ、何様のつもりなんだよって感じですが、彼らはお客様で、お客様は選びたい放題の王様です。男どもはハーレムを持っているという錯覚を起こしています

 この錯覚を一時的なものとして終わらせず、現実世界に持ち込んだのが今回の相談文に出てきた元カレです。悪気なく無意識に、セックスシンボルとして光り輝くAV女優を選んでいる俺様という上に立った目線で、彼女であるあなたに対しても接してきたのです。AV女優に対して(もちろん、お金を払って観ているという前提ですが)上から目線になるのは仕方ないところはある。でも、付き合っている相手に対して上から目線は勘違いはなはだしいです。

 売り手とお客さんなのか、対等な付き合いをしている現実世界の人間関係なのか、ここがわからなくなっているのが元カレであり、あなたです

次のページ 
セックスの悦びを左右するのは見た目じゃない

1
2
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。




あなたにおすすめ