Love

浮気とは違う…オープンな複数愛「ポリアモリー」ってアリ?

 不倫がカジュアルになりつつある昨今、過剰に騒がれるのは芸能人だけで、一般人の愛情劇は多様化している模様。しかしそこには喜劇や悲劇もあるようです。

 セカンドパートナー=友達以上恋人未満、プラトニック不倫=婚外片思い、等々関係性もバラエティに富んでおりますが、今一番ホットなのはポリアモリー(複数愛)ではないでしょうか。

ポリアモリー

全員が納得して、複数の人とつきあうポリアモリー



 ポリアモリーを簡単に説明すると――。

 交際相手および親密な関係を同時期に複数持つこと。かつ、すべての関係者がすべての状況に合意していること

 つまりオープンマインドな複数恋愛=ポリアモリーなのです。

 現在の日本は一夫一妻制ですし、好きな人が複数いたとしても、それを公言するのは、はばかられます。不倫がまかり通っていようが、便宜上、隠れて実行しますよね。とはいえ、数人の異性の間で心が揺れたり迷ったりというのは、誰もが経験していることではないでしょうか。

 ポリアモリーな人達って、ある意味純粋なのかもしれない、と考察するわけです。そういった諸事情は、この本にも詳しく書かれています。

ポリアモリー 複数の愛を生きる』(著:深海菊絵、平凡社新書、2015年)

ポリアモリー 複数の愛を生きる

写真をクリックすると、Amazonのページへジャンプします。

 同書によると、複数恋愛といっても、立ち位置のようなものがあります。ランク付けとでも言いましょうか。

・第1パートナー……法的な繋がりの有無にかかわらず、長期的に深く関わり合うパートナー。
・第2パートナー……長期的に深く関わり合う関係だが、住居、金銭などは別にするパートナー。
・第3パートナー……デートをする間柄だが、日常生活で頼り合う仲ではないパートナー。
(以上、『ポリアモリー 複数の愛を生きる』より抜粋)

次のページ 
やっぱり「嫉妬」を乗り越えるのは大変

1
2
ポリアモリー 複数の愛を生きる

今アメリカで注目を集める、誠実に複数の人を愛す「ポリアモリー」(複数愛)。不倫とも浮気とも違う多様な愛のかたちが見えてきた。




あなたにおすすめ