Entertainment

斎藤工がキムタクっぽい!?「運命に、似た恋」は大人の女の胸キュンがいっぱい

芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評~秋のNHKドラマ 

 週末のNHKドラマの充足感が半端ねえな、ということで現在放送中の3作をピックアップ。前回は尾野真千子、長谷川博己が出演する「夏目漱石の妻」を紹介した。これ全4回しか放送がないのでチャンスがある人はお早めに見る準備を。

 今回はしっとりとした秋にふさわしいラブストーリーをエンタメライターのスナイパー小林がご案内。心がジュン、とするドラマです。

60分間に北川悦吏子ワールド全開



「運命に、似た恋」毎週金曜/22時~(全8回)主演:原田知世、斎藤工

運命に、似た恋

「運命に、似た恋」公式サイトより http://www.nhk.or.jp/drama10/unmei/

 カスミ(原田知世)は45歳、バツイチ、高校生の息子を育てながらクリーニング店で働いている。ある日、配達先で出会ったのは内装や家具、小物を手がける人気デザイナーのユーリ(斎藤工)だった。少々強引に自分へ近寄ってくる年下の男性に戸惑いながらも惹かれていくカスミ。

 実は幼いころに出会い、将来の再会を誓っていたふたり。会えずにいた時間、年齢、立場を越えてふたりはどんな恋愛を紡いでいくのだろうか――。

 エイジレス女優の代表・原田知世が主演という時点で、だいぶ士気が高まっている本作。45歳。まだ私がその年齢に達していないせいもあるけれど、すごく難しい年齢に思える。個人差はあれど「女でいるのか、いないのか」、そんな選択を迫られる微妙な時期なのではないだろうか。そんな年齢を原田さんはわざとらしくなく表現している。見ているだけで豊かな香りがしてくる女優だ。

“年下男性なのに自分よりも身分が上で、今まで周囲にはいなかった存在との恋”。このシチュエーションだけでご飯3杯はいけそうな感じがある。その恋のお相手、斎藤工も程よくツヤっぽい感じがして良い。

 そしてドラマでは、子どものように強引に彼が迫ってくるシーンが続く。

次のページ 
斎藤工がキムタクに見えて仕方ない

1
2




あなたにおすすめ