Lifestyle

結婚よりも妊娠したい私はバカですか?【目指せ!デキたら婚】

子どもは欲しいけど、今結婚したいわけじゃない

 そもそも子どもが欲しいなら、もう1回結婚して子どもを授かればいいじゃんって話だけど、それはそれで踏ん切りのつかない気持ちがあるから、女って面倒くせえ。私って面倒くさいのです。  だって結婚って、大変そうなんだもん! ていうか、大変だったんだもん! なまじ1回経験して失敗しているもんだから、心に思わぬ杭が残っているのです。 赤ちゃん デキ婚だったら腹も座るってもんだけど、芸能人に対する「デキ婚狩り」をみていたら、それも怖くて企てられない。少子化が進んでいるから、表では「子ども産もう!増やそう!」っていうのに、個別のデキ婚には「順番違う! 避妊しろ!」とかいう冷たい声が上がるのは、なんなんだろう。  どんな順番だって子どもは子どもだし、キチンと育てるかはその家次第なのに……。

思いついた策は「できたら婚」

 順番を守るのもデキ婚をするのも、仕事のことや周りの空気を感じると、浮かれるほどの未来を感じられない。上滑りのような不安をどう片付けたらいいのかぐるぐる迷っていたらある日、突拍子もないことを思いついてしまいました。 「できたら婚」でいいではないか!  結婚を焦る気も起きないし、デキ婚も違う気がする。でも子どもはめちゃくちゃ欲しいし、腹が座れば結婚生活も頑張れる気がする。もちろん子育てだって頑張ると思う。だったら「子どもができたら結婚してください。だから先に子どもを作りませんか?」と、逆プロポーズというより協定を結んだらいいではないですか。 子供を産む夢 結婚するより独り身の方が気楽さを感じてしまうからこそ、そういう形の人生の歩み方があってもいいと思わない? 事実婚はイマイチメリットを感じないけど、これなら結果オーライ幸せになれる気がしてくる。頭の中でパチパチとパズルができあがる感覚を覚え、一気にテンションが上がる。 「まずは体調から整えよう」っと次の課題をみつけたところで、……大事なことを忘れていました。  この話、今の彼氏にはまだ何も言っていないし、承諾されていない話なのです。それどころかプロポーズももちろん受けていないし、結婚の意向を聞いたこともない。あれ?この恋愛関係って、むしろなんなんだろう?  まずはそこから攻め落とさなくちゃいけないのか……。バカすぎる前提条件に気づいたところで、こんどは一人でプロポーズ大作戦を考え始めるのでありました。 <TEXT/おおしまりえ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【おおしまりえ】 雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター 水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ・Twitter:@utena0518
おおしまりえ
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ