Lifestyle

心身が壊れる部屋の特徴。カーテン閉めっぱなしで独り…

 未婚率がどんどん上がっているなか、高齢者にかぎらず40代でも「孤独死」が問題になっているという。脳・心臓疾患などで部屋で倒れて、そのまま誰にも気づかれなかったという悲しいケースだ。

 男性に多いそうだが、女性でも病気で寝込むと「このまま死んでも気づかれないかも…」なんて恐怖を感じることはないだろうか?

過労死

部屋が荒れている人は、心身のストレスに注意!



 運悪く早死にしてしまった人の部屋に特徴はあるのだろうか? 亡くなった人の部屋を片づける遺品整理サービスの専門家はこう言う。

「社会に適合するのに苦労している人は、職場ではある程度、自分を演じなければいけない。そのストレスを溜め込んだ反動で、部屋ではひとりで際限なくゲームをしたり、食生活などの私生活が乱れたりしがちです。

 部屋のゴミは、コンビニ弁当やらペットボトルやら。傾向として太っている方も多いです」
(遺品整理アドバイザー・上東丙唆祥氏)

キッチン

写真はイメージです

 心が健康でないと、それが部屋の中にも反映されてしまうようだ。

「自分が負の感情にとらわれると、やはり部屋は荒れます。そんな部屋の中で長く過ごすと悪循環です。

 遺品整理を請け負うときは、大半がひとり暮らしの方の親御さんからの依頼なんですが、とにかくモノが散乱している部屋が圧倒的に多い。たいがいカーテンも閉めっぱなしで、もう長いこと部屋に誰かが来たりもしていないのではないか……。

 他人が入ってみると、どうにも居心地が悪い部屋が多いですね」(同)

次のページ 
「こんな部屋・環境はアブナい」10ポイント

1
2




あなたにおすすめ